ぜんざいフェアはこの週末まで!実食ぜんざいを一挙ご紹介!

小豆の高級品種である「丹波大納言小豆」を贅沢に使ったぜんざいがたっぷり楽しめる「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。

この11月からフェアが開始され、丹波市内の36の飲食店では丹波市民に長らく愛されてきた定番メニューから、このフェアのために開発されたという新メニューまで、さまざまなぜんざいが提供されています。

ぜんざいMAPダウンロードはこちらから!(PDF)

 

そのぜんざいフェア、この週末1月15日で終了になります!

ですのでこの週末は是非、駆け込みぜんざいに丹波へいらしてください!

こちらの記事では、農・森・人スタッフが実食しましたおぜんざいから抜粋、

簡単なレポートつきでご紹介させていただきます!

 

アイスクリーム丹波大納言小豆添え/ステーキハウス松葉

アイスクリーム丹波大納言小豆添え/ステーキハウス松葉

ステーキハウス松葉
丹波市氷上町市辺589-3
0795-82-3755
営業時間 11:30~14:30
17:00~21:00(Lo20:15)
定休日 月曜日 不定休有

抹茶のかおるあっさりとした甘さのシフォンケーキの中に、

丹波大納言小豆がふんだんに含まれています。

シフォンケーキのサイドにも、丹波大納言小豆を煮たあんこと、アイスクリームが添えられています。

シフォンケーキにインしている方の小豆は少ししっかりめに、

シフォンケーキのサイドに位置する小豆は少し柔らかめに炊かれているので

一つで二つの食感の丹波大納言小豆が味わえるお得仕様です。

シフォンケーキが美味しい、そして小豆を添えてなお美味しい、

アイスも添えると更にクリーミーになって絶妙のハーモニーを醸し出してくれます。

Dainagon Redbeans Hot chocolate /cafe ma-no

Dainagon Redbeans Hot chocolate /cafe ma-no

cafe ma-no
丹波市柏原町母坪402-1
0795-71-4110
営業日時
日曜日10:00~19:00(Lo18:00)
月、火、水、金、土11:00~21:00(Lo20:00)
定休日 木曜日

こちらのぜんざい、実は「ホットチョコレート」と丹波大納言小豆のコラボレーション。

添えられているのは、ゆずピールと、ベトナムのカカオを使って広島で作られたというチョコレート。

ホットチョコレートのスープは、自家製のココアで、オーナーのオリジナルレシピなのだとか。

組み合わせられている丹波大納言小豆は、山南町の竹岡農園さんのものを使用。

その小豆、粒がしっかり感じられ、ホットチョコレートの中で存在感を放っています。

小豆とココアのハーモーニーは、スーッとしみてくるミルキーで優しい味わい。

コーヒーぜんざい/喫茶リスボン

コーヒーぜんざい/喫茶リスボン

喫茶リスボン
丹波市氷上町朝阪103-1
0795-82-1542
営業時間 8:00~18:00
休業日 月曜日 12/31

とびっきり冷たいアイスコーヒー(ブラック・氷入り)に、

アイスクリームと白玉も入っていて、ストローで飲むタイプのドリンクぜんざい!

さすがコーヒー屋さんのおぜんざいって感じで、コーヒーが深みのある味わいです!

おぜんざいというよりは、小豆入りのコーヒーフロートって感じです。

寒い日向けに、温かい焼きもちいりの定番ぜんざいもあるので、

気分で選べるという魅力もあります。

 

丹波大納言小豆の塩わらびぜんざい/カフェキッチン・マルク

丹波大納言小豆の塩わらびぜんざい/カフェキッチン・マルク

カフェキッチン・マルク
丹波市氷上町上成松210-2
0795-82-0527
営業時間 8:30~17:00
休業日 日曜日 年末年始(今週末来られるなら土曜日に!)

こちらのぜんざいは温かいんですけど、スープの中に隠し味としてコーヒーが入っています。

そして、添えられるミルクをお好みでかけながら、マイルドに楽しむことができるぜんざいなんです。

小豆の炊き加減は、柔らか目。

スープはさらっとしていて、いい感じの濃さ、そしていい感じの淡白さ。

塩わらびとうたっているだけあって、塩スイーツ感がいい塩梅。

あっさりと、パパッとかきこめる新しいぜんざいです。

 

そばがきぜんざい/そばんち

そばがきぜんざい/そばんち

そばんち
丹波市市島町梶原125
0795-86-7446
営業時間
10:45~16:00(昼営業)
16:00~21:00(夜営業は予約のみ)
休業日:無休

この中に入っているのは、お餅でも白玉でもない、「そばがき」。

このそばがきは、お餅と違って、添えられている木のスプーンでもかんたんに切ることができる、

でももちもちとした食感で、お子様からお年寄りまで美味しく味わっていただけます。

そして、そばがきに書かれた文字!!丹波の「丹」そしてそれを上下逆にしたら、「甘」という字になるという、

見た目から楽しめます。

おぜんざいのスープは、あの幻の小豆「黒さや」と、

そばんちのスタッフさんが栽培された丹波大納言小豆が使用されています。

 

コーヒーぜんざいセット/カフェいくの

コーヒーぜんざいセット/カフェいくの

カフェいくの
丹波市山南町美和569-1
電話 090-5014-0565
営業時間 8:00~14:00
休 木曜日+不定休

焼き餅がたくさん。そして、真ん中にアイスクリームが。

この日出していただいたコーヒーぜんざいはホットコーヒー。

夏場はアイスコーヒーにしてくれるという気遣いです。

アイスが解けるとコーヒー自体もまろやかな味わいに。

酸味の少ないマイルドなコーヒーが、やきもちや小豆、アイスの風味を引き立ててくれます。

コーヒーぜんざいセットには、マスター自慢の本格コーヒーつき。

こちらは苦みがしっかりしたコーヒーで、ぜんざいで甘くなったお口を落ち着かせてくれます。

 

大納言ぜんざい/若駒白雲閣

大納言ぜんざい/若駒白雲閣

若駒白雲閣
丹波市氷上町市辺202-5
0795-82-4545
営業時間 11:00~15:00
17:00~22:00
定休日 火曜日

両手で抱えていただくような、大きな器に入った大満足ぜんざい。

こちらのぜんざいには、大きな四角い焼き餅が二つ入っています。

あんこは甘味あっさりめに炊かれているので、このサイズでもペロリと行けちゃいます。

小豆の炊き具合は、少し柔らかめで、舌で大きい粒を楽しむことができます。

添えられているのは、梅干しと塩昆布、お茶は梅昆布茶。

甘いとしょっぱいの無限ループに、酸味を少し添えることでさらに小豆の美味しさが引き立ちます。

 

このほかにも、気になるおぜんざい、食べてみたいおぜんざいが見つかったよ!という方は、

是非この週末、丹波にお越しくださいませ!

 

 

※また、フェア終了後も定番メニューとしてぜんざいを提供しているお店も一部ございますので、各店舗にお問い合わせください。