【ぜんざい食レポ04】夢の里やながわ本店「黒さや大納言ぜんざい」

小豆の高級品種である「丹波大納言小豆」を贅沢に使ったぜんざいがたっぷり楽しめる「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。

この11月からフェアが開始され、丹波市内の36の飲食店では丹波市民に長らく愛されてきた定番メニューから、このフェアのために開発されたという新メニューまで、さまざまなぜんざいが提供されています。

ぜんざいMAPダウンロードはこちらから!(PDF)

そこで、各店舗の技とアイディアが詰まったぜんざいを実食、その美味しさをご紹介いたします。

ぜんざいフェア実食4杯目は、夢の里やながわ本店さんの「黒さや大納言ぜんざい」です。

夢の里やながわ本店 外観

夢の里やながわ本店 外観

例年提供されている人気メニューということですが、今年はぜんざいフェア開催もあり、

特に人気を博しているという至高のおぜんざいがこちらです。

黒さや大納言ぜんざい

黒さや大納言ぜんざい

温かみのある器に入れられた、香ばしく焼き上げられた焼き餅と、

甘い小豆のいい香りが漂います。

このおぜんざいにはお餅と小豆だけでなく、

丹波三宝がぎっしり

丹波三宝がぎっしり

黒豆煮と、栗の渋皮煮も入っているんです!

ズバリ、「丹波三宝」がぎっしり入ったおぜんざいということですね。

使用している小豆は、丹波大納言小豆の中でも、

丹波市春日町東中でしか収穫されない幻の小豆、「黒さや」。

赤みも強く粒も大きく、小豆そのもののコクが深く味わえる至高のおぜんざいです。

 

お汁はさらっとしているのですが小豆の芯まで甘みがしっかりしみていて、

丹波産の作物を知り尽くした加工場ならではの匠の技が光っています。

あずきの粒粒とした舌触りを残しつつ、でも柔らかく炊き上げていて、

焼き餅の焼き加減も絶妙

焼き餅の焼き加減も絶妙

パリッとしたお餅や、添えられている塩昆布との相性ももちろんバッチリ。

丹波三宝を贅沢に味わうことができて、しかも匠の技が光る王道ぜんざい、

是非ご賞味ください!

 

 

Info

黒さや大納言ぜんざい 800円

夢の里やながわ本店

丹波市春日町野上野920

電話:0795-74-0123

営業時間: 10:00~18:00

定休日:木曜日(祝日の場合は営業)