とことん丹波産!株式会社やながわ・柳川拓三さんの地域にかける想い

~「兵庫県認証食品」生産の現場を訪ねて~

広大な土地を有する兵庫県。兵庫県の土地で生産される食材は多岐にわたり、その生産性としての資源はとても豊かです。その豊かさと食材の美味しさに対して十分な評価が行われにくかったこと、また食の安全に対し不安の声も上がりがちな情勢を受け、兵庫県は平成16年に、兵庫の土地ならではの特性や特長を持ち、かつ安心で安全な県産食品を「兵庫県認証食品」として認証することにしました。

兵庫県は日本海から瀬戸内海までの広い面積を有し、その中から海や山の恵みをふんだんに受けた、数々の認証食品が生まれました。その審査は厳正なもので、書面審査だけでなく現地確認や安全審査が行われ、厳しいチェックを潜り抜けた、本当に安心で安全な食品だけが兵庫県知事の認証を受けることができるのです。豊かな農業生産を誇る丹波市にももちろん、その「兵庫県認証食品」として認証された食品があります。

我々はこの度、その「兵庫県認証食品」として数多くの加工品が認証されている、丹波市春日町の「株式会社やながわ」を訪ねました。

地産地消にとことんこだわった加工品・スイーツを取り扱う「夢の里やながわ」外観

地産地消にとことんこだわった加工品・スイーツを取り扱う「夢の里やながわ」外観

代表取締役の柳川拓三さんは、丹波生まれの丹波育ち。
「私は丹波の風土に育ててもらいましたので、今まで育ててもらった土地や自然、人に報いたいという想いで取り組んでいます。」
そう語る柳川さん。生菓子や焼菓子など、季節や時代に合わせた商品アイディアも生み出し、形にしていかれる一方、つくだ煮や「おかず味噌シリーズ」などのいわゆるご飯のお供にもなる「加工品」の生産が原点なのだといいます。

お話しいただきました株式会社やながわ代表取締役・柳川拓三さん

お話しいただきました株式会社やながわ代表取締役・柳川拓三さん

柳川さんに、「おかず味噌シリーズ」の一つである「丹波の栗みそ」の誕生経緯を伺いました。
「栗というのは大体、お菓子とか、甘いというイメージがあります。それをご飯のお供として、食卓に出したいという想いから始まりました。そこで幼い頃母親が、栗を炊いておかずにしていたというのを思い出し、ヒントを得ました。おかず味噌に使うお味噌もJAさんから兵庫県認証食品のものを仕入れています」
コクのあるお味噌の中に存在感のある栗が甘さを醸し出す「丹波の栗みそ」。ご飯のお供やおにぎりの具としてはもちろん、酒の肴にもピッタリの味わいです。

兵庫県認証食品丹波の栗みそ

兵庫県認証食品丹波の栗みそ

tambanokurimiso2

株式会社やながわの「おかず味噌シリーズ」。

株式会社やながわの「おかず味噌シリーズ」。

原材料はとことん「丹波産」にこだわる柳川さん。
「地域の原材料を使うことで、お金を地域に還元することができます。丹波には豊かな特産品がありますので、それを使って加工品を作り、地元で販売することでいわば『地域ぐるみでの六次産業化』ができ、循環型の地域が生まれ地域経済の活性化に繋がると思います。」

株式会社やながわさんの提供する加工品やお菓子の中には、地域を越えて全国的に広く愛されている商品も多くあります。その代表的なものが「お福豆 しぼり」です。これもまた、厳しいチェックを潜り抜けた「兵庫県認証食品」のうちの一つです。

全国的な人気・歌舞伎座のマダムたちにも愛された「お福豆 しぼり」

全国的な人気・歌舞伎座のマダムたちにも愛された「お福豆 しぼり」

ohukumamesibori

「1988年、まだ自社の加工所がなかった頃なのですが、その年に高速道路が開通しました。その記念イベントに単独のブースを出す際、丹波をアピールするのには黒大豆が一番だと考えました。当時はお茶職人としてお茶づくりに打ち込んでいましたが、そのイベントをきっかけとして、職人気質の物づくりへのこだわりが高じて黒大豆の加工も自分たちの手でできないかと考えました」
いまの株式会社やながわの幅広い加工食品の技術。その原点となったのが黒大豆の煮豆であり、それをお菓子にした「お福豆 しぼり」でした。
1989年にはNHK大河ドラマ「春日局」で春日町が注目を受け、春日局の幼少名であった「お福」が商品名につけられました。このお福豆は、素材の良さがダイレクトに伝わる黒豆のモッチリとした味わいにしつこくない甘みがプラスされ、東京の歌舞伎座で大人気を博したベストセラー商品となりました。

株式会社やながわさんの「兵庫県認証食品」の数々。一つ一つにストーリーと誕生秘話があります

株式会社やながわさんの「兵庫県認証食品」の数々。一つ一つにストーリーと誕生秘話があります

すべては、丹波を愛して、「自分を育ててくれた丹波に報いたい」という想いから。地産地消にこだわった、加工品の数々には、美味しさだけでなく、安全安心がこめられています。

—————————————————–
こちらの商品は秋の味覚フェアに出品されます。
—————————————————–