丹波が育む生乳の品質!丹波乳業㈱のまじめで丁寧なモノづくり

~まろやかで美味しいヨーグルトの秘密とは~
丹波乳業株式会社は、兵庫丹但酪農農業協同組合からひかみ牛乳センターを継承する形で事業を開始しました。丹波・篠山・朝来・養父・豊岡の南部の学校給食に牛乳を提供する他、丹波・但馬の豊かな恵みが生みだした生乳を牛乳、ヨーグルトなどの乳製品にして提供しています。一口飲み、食べるとすぐに美味しさが分かる、品質高いヨーグルトの数々は、兵庫県認証食品として兵庫県知事の認可も受けています。

(※兵庫県認証食品…兵庫の土地ならではの特性や特長を持ち、かつ安心で安全な県産食品として兵庫県から認証された食品のこと。丹波市にも多くの兵庫県認証食品があります)

丹波乳業株式会社こだわりのヨーグルトたち

丹波乳業株式会社こだわりのヨーグルトたち

写真の中で右側のカップヨーグルトはすべて兵庫県認証食品。左側の丹波ヨーグルトは生乳100%のシンプルな無糖ヨーグルトで、昨年事業を継承されてからの新商品です。癖がなくてシンプル、素材の良さをダイレクトに感じられ、飽きのこない味わいが好評を呼んでいます。
驚くほどまろやかで優しい、牛乳の味わいが豊かに感じられるヨーグルト。その美味しさの秘密はなんといっても原料・生乳です。ヨーグルトの原材料に「生乳」の他「乳製品」と記載されていることがありますが、その「乳製品」とは脱脂粉乳やクリームを指すことが多くあります。丹波乳業株式会社のヨーグルトはどれも新鮮な生乳を原材料としてたっぷりと使用。それが、「味の違い」として一口食べた瞬間に伝わります。

シンプル・イズ・ベストの低糖ヨーグルトは、子どもたちにもおすすめ

シンプル・イズ・ベストの低糖ヨーグルトは、子どもたちにもおすすめ

「特殊な方法でヨーグルトを作っているというわけではありません。ヨーグルトとして当たり前の昔からの作り方を続けているという感じです。ただ地元丹波産の牛乳にこだわって、しぼりたてのものをすぐに持ってきてもらって加工しているので、新鮮さが違ってきます。すべて生乳の質ですね。そして丹波産の生乳を丹波で加工できるということに誇りを感じています」
そう語る、社長の吉田拓洋さんは自らも酪農家としての顔をお持ちです。牛を飼い育てる現場から加工、商品になるまでをすべて見ているため、すべてを把握し、また透明性のある食品づくりが可能になっています。

丸ごと丹波を味わえる、丹波こだわりヨーグルトシリーズの黒豆ヨーグルト

丸ごと丹波を味わえる、丹波こだわりヨーグルトシリーズの黒豆ヨーグルト

中には、形の良い大粒の黒豆がたっぷり

中には、形の良い大粒の黒豆がたっぷり

「黒豆・小豆・ブルーベリーのヨーグルトは丹波の特産品を組み合わせて、丹波の美味しさを丸ごと味わってもらえるようにと思っています。黒豆も小豆も、収穫や選別はすべて手作業ですよね。それを手作業で炊いてもらって、ヨーグルトにその炊いた黒豆などを入れるのも、また手作業で行っています」
人の目と手がたくさんかけられた、「ハンドメイド」のヨーグルト。その優しさが食べる人にも伝わるのかもしれません。

絞られた生乳は生乳用のタンクローリーで運ばれます

絞られた生乳は生乳用のタンクローリーで運ばれます

丹波乳業㈱の牛乳やヨーグルトは、作る過程にも透明性があり、小学生の工場見学も受け入れています。
毎朝、新鮮な生乳が工場へと届けられ、大きなタンクに保管されます。

パック牛乳の製造ライン。機械化もされていますが、人の目でしっかりチェックを行います

パック牛乳の製造ライン。機械化もされていますが、人の目でしっかりチェックを行います

牛乳の製造ラインでは、ライン担当の方が目視による入念なチェックを行っていました。パッキングだけでなく、製造のすべての過程で品質や温度など、厳密な管理が行われています。

ヨーグルトの製造ライン。仕込みを行うところです

ヨーグルトの製造ライン。仕込みを行うところです

できあがったこだわりヨーグルトたち

できあがったこだわりヨーグルトたち

慎重に慎重を重ねた製造過程を経て、出来上がったヨーグルトやパック詰めされた牛乳は、大きな冷蔵庫で保管されています。ここから、丹波市内外の様々なところへ旅立ちます。丹波市内では各スーパー他、道の駅丹波おばあちゃんの里でも豊富に取扱いしています。また、丹波乳業㈱から、直接インターネット購入も可能です。

検品用の棚。賞味期限まで保管し、安全な品質が保たれているかどうかをチェックします

検品用の棚。賞味期限まで保管し、安全な品質が保たれているかどうかをチェックします

「自分たちの生活の中に当たり前にある、酪農であり農業なので、そのありのままを感じていただけたらと思っています」
そんな思いで、実直に、まじめに、丁寧に作られた「オールハンドメイド」のヨーグルト。最後に今後どのような展望をお持ちか吉田さんにお伺いしました。
「これからは新商品の開発も積極的に行いたいと思っています。丹波には、ほかにも美味しいものがたくさんあります。栗や、イチゴなど…、美味しい農産物と、ヨーグルトとを上手に組み合わせて、丹波の美味しさを知ってもらえるようなものがこれからもできたらと思っています」

お話いただきました、丹波乳業㈱社長・吉田拓洋さん

お話いただきました、丹波乳業㈱社長・吉田拓洋さん

地元にこだわった、顔の見えるものづくりと、まじめで実直な加工品作り。まろやかで優しい味の向こうには、生乳の品質、地元の力を信じる現場の姿がありました。

—————————————————–
丹の里・丹波市 秋の味覚フェア 「兵庫県認証食品PRブース」にて商品展示と試食を行います。
開催日:10月25日 10:00~15:00
場所 :丹波の森公苑