「おかわり」の声がうれしい!家族みんなで丹波の家庭料理をご提供「しんちゃんず」

 

2019年1月13日(日)柏原町のまちなかにて「たんばルシェ冬」を開催いたします。

農森人編集部では、丹波市産の農林産物やその加工品・飲食物を提供してくださる、丹(まごころ)フードの素敵な出店者さんをピックアップしてご紹介いたします。

 

出店デビューは2018年!「しんちゃんず」誕生のきっかけ

 

たんばルシェ秋Ⅱから出店されている「しんちゃんず」。豚汁や黒枝豆のポタージュ、こんにゃくの田楽などほっとできる家庭料理のメニューが好評で、たんばルシェ秋Ⅰでは早い時間に完売してしまいました。イベント出店は2018年の秋から。まだデビュー間もないしんちゃんずの吉田あゆみさんに、イベント出店の経緯や今の思いを伺いました。

(しんちゃんず 吉田あゆみさん)

 

あゆみさんは普段、介護の現場で調理師として働いています。幼いときからの料理好きが高じて調理を仕事にし、プライベートでもお友達を招いてホームパーティを開くことも。その仲間内で「2018年の柏原厄除大祭に出店したい」と話が盛り上がり、あゆみさんが調理したものを販売。それをきっかけに、イベント出店の楽しさに目覚め、家族で出店できないかと考えるようになりました。

 

「お客さまと直接触れ合って、感想をいただけること。心をこめて作ったものを直接評価していただけることがうれしかったです。『美味しかったからおかわり』『もう一杯ちょうだい』と言ってもらえることに感激し、喜んでいただけたことが大きな励みになりました」

 

丹波ならではの味を届けるため、家族で力を合わせて

 

あゆみさんご自身は丹波市氷上町の出身。熊本県出身のご主人と結婚してからも市外で暮らしていましたが、自然が多く空気の良い環境で子育てをしたいと考え、家族と一緒に帰郷されました。そのお子さんたちも20代になり、出店を応援されています。県外に進学した娘さんも、しんちゃんずのイベント出店時には売り子として駆けつけてくれるのだとか。吉田さんファミリーを表す「しんちゃんず」という屋号も、ご主人の名前をもとに娘さんが考えられたものです。

(前回のたんばルシェ提供メニュー。ご主人の好きな黒枝豆を使ってポタージュに)

 

「丹波市に帰ってきて、黒枝豆を始めとした農作物の美味しさに改めて気づき、丹波の気候がないとこの味にならないということを感じています。丹波でしか食べられないものを出店を通して提供したいと思っています」

 

イベント出店に向けて準備を着々と整えながら、『どのイベントに出店したらいいのか』と迷ったこともありました。情報を収集しながら、近隣のイベントの中で初出店でも比較的出店しやすかった「たんばエコフェスタ」や「もみじの里ハーフマラソン」、「円通寺もみじまつり」などに出店。

「たんばルシェも、何度もイベントで見たことのある出店者さんが多く、私達のように経験の浅い出店者にはハードルが高いのかな、と戸惑いがありました。ですが、経験が少ない店舗にもオープンな雰囲気のイベントだったので、ありがたかったです。おしゃれにディスプレイをしている店舗さんも多く、出店の仕方の参考にもなりました」

(たんばルシェ秋Ⅱの様子)

 

出店の予定のない週末には夫婦でイベント巡りをすることが増えたというあゆみさん。出店の仕方や使っている機材に注目するなど、実際に出店するようになりイベントで注目するポイントが変わりました。

 

丹波市産にこだわった家庭料理の多彩なメニュー

 

しんちゃんずのメニューは、家庭的でホッとできるような料理が中心。プラス、丹波市でしか食べられない食材の美味しさを感じていただけるものをと工夫されています。

前回のたんばルシェでも人気だった豚汁には、「山の芋の団子」入り。粘りの強い山の芋を贅沢にすりおろして作った団子は、もちもちとした弾力ある食感が大評判。もちろん具材となる野菜も丹波市産の野菜にこだわりました。

(お雑煮のような贅沢な豚汁。おもちではなく、山の芋の団子入り)

 

こんにゃく田楽も、「家族の分まで持ち帰りたい」と要望が出る人気商品です。たんばルシェで提供される田楽のお味噌はより丹波市産にこだわり、JA丹波ひかみの田舎みそを使用した限定バージョンです。

(丹波市産田舎みそを使ったこんにゃく田楽)

 

秋の開催では、旬の黒枝豆のポタージュを提供しましたが、たんばルシェ冬では1月の小正月にちなんで、丹波大納言小豆を使った「小豆おこわ」を提供予定です。

 

「たんばルシェに出店してみて、市外からのお客様が思った以上に多いことに驚きました。海外からホームステイ中のお客様も来られて、生まれ育った丹波市が思った以上に市外の方から認識されているということを知り驚きました。出店し始めたばかりで、新鮮な驚きや嬉しい事が多く、楽しんでいますので、来ていただける方にも楽しんでいただけたらと思っています」

 

家族の温かい雰囲気の中、ほっとできる家庭の味を提供されるしんちゃんずさん。イベントで出会った方の「美味しい!」とほころぶ笑顔を今から楽しみにしています。

 

味覚フェア・たんばルシェ冬概要

開催日時:2019年1月13日(日) 

午前10時~午後3時

メイン会場:柏原八幡宮ヨコスペース