農業しながら、子育てしながらOK!プチ起業セミナー

先日春日町でで開かれました「子育て中でもプチ起業セミナー」。

四人の男の子(中1、小4、幼稚園、保育園)のお母さんをしながら、

またご夫婦で農園「ひとたね」を営みながら

夢のパン工房を開いた山本かなこさんの秘密を、たくさんお話していただきました。

子育て中でもちょうどいいサイズでお仕事を始めるプチ起業とは?

「プチ起業とは、「手の届く範囲で」「無理なく継続出来る」仕事を「自分で作る」こと」と、

山本かなこさんはいいます。

小さなお仕事でも、多少のトラブルがあったりして、ストレスになることがありますが、

多少のストレスがあっても、楽しんで、強くやって行こうと思える仕事を創り出すこと。

それがプチ起業なんですね。

 

継続できる仕事として、一番大事な条件は、

「それが好きであること」。

さて、「私がやりたいこと」「私が好きなこと」って、どうやって見つけたらいいんでしょう?

PIC_1366

 

好きなことの見つけ方

セミナーの中で白い紙を配って「好きなことをみつける」ために

5分間で書く作業をおこないました。

 

・どんなときに幸せを感じましたか?

・自分が得意とすることは何ですか?挙げてみましょう。

・なりたい自分(いつ、どんな場所で、どんなことをしているか)をくわしく想像してみましょう。

かなこさんは、

「常に、好きなことをキャッチするアンテナを張っておく」事がコツだと語ります。

PIC_1355

 

でも、「好きなことが仕事になる」とはかぎらないのでは?

好きなことが即、ビジネスチャンスにつながるとは限らないことがあります。

それに対しても、かなこさんはこんな風に教えてくれました。

「好きなことそのものが仕事にならなくても、好きなことから派生する仕事はかならずあるよ」

パンにまつわることは、「パンを売る」だけが仕事ではなく、

「パンの作り方を教える」「他人が作ったパンを売る」「天然酵母を作って売る」

「あとは焼くだけのパン生地を冷凍で売る」「国産の安全なパンにぴったりの小麦を売る」.. 等、

様々なお仕事の形があり、好きなことから派生することの中で、

自分にできることはきっと見つかる。

 

「技術が秀でている事よりも、オンリーワンであることが大事です」

好きなことをそのままやるではなく、続けていけるスタイルを探すこと。

ニッチな市場は、絶対にある。すぐに思いつかないようなことが商売になるんだそう。

 

プチ起業にありがちな、「心のハードル」とは

「好き」なことが見つかっても、起業なんて無理!って思ってしまうこと、

ありますよね。それが、かなこさんのいう「心のハードル」です。

・わたしがそんなたいそうなことを出来るだろうか

・手続き、資格が大変そう……

・そんな資金も、時間もないし……

そんな心のハードルも、

「別に、敏腕ビジネスマンや、女社長になる必要はないんです。

調べてみれば、たいそうな準備や大きな資金がなくても、自分のやれる範囲で

やる方法はあるんですよ。借金するのは最後の手段にして、

最小限の設備投資に抑える工夫をしたり、補助金も利用できます」

そして自分の会社であれば、お休みも自由自在だから、問題はクリアできるのだとか。

 

パン工房ひとたねをつくるときに、割り切ったこととは

では、かなこさんが「パン工房ひとたね」を作るときに、

自分たちにちょうどいいサイズに収めるために工夫したことってなんなんでしょう。

・営業時間を、家事・育児を考えた自分サイズに。

・家の隣で開業することで、家事の合間に作業ができる。

・家事の一部を、ご主人に負担してもらう。

・店舗と加工所をくっつけて、作業効率を上げる

・県の女性起業家支援企業に応募して、資金繰りを楽にする。

PIC_1375

これはかなこさんが考えた、「自分サイズ」の一例。

それぞれ、読んでいる方々に応用するときは、

「自分のビジネスコンセプト」として、迷ったときに戻っていける信念を

もつことが大切なんですって。

「自分はこういうパンじゃなければ作らない」

「自分のパンを食べて、人々が本当の味を理解してくれるようなパン」しか焼かない。

その信念を自分でぶれずに持っておくこと。

起業というだけでなく、生きるすべてで役に立つ、自分の軸が大切なのですね。

 

パン工房ひとたね Facebookページ