丹波の秋の味覚満喫!「秋の味覚フェア」開催レポート

去る10月29日、30日にはこちらのサイトでお知らせしておりました、秋の味覚フェアが丹波の森公苑にて開催されました。

「味覚フェア」開催前の様子

「味覚フェア」開催前の様子

今年は兵庫県のふれあいの祭典と同時開催、会場をいっぱいに使ったとても大きなイベントになりました。

29日は足元の悪い中、それでも丹波の味覚、スイーツ等を求めてたくさんのお客さまがいらっしゃいました。ステージでも、紙芝居やダンス、鼓笛隊、書道ガールなどの演技演奏が行われ、楽しいひとときを共有することができました。30日はお天気も良くなり、29日以上に多くの人たちが会場を行きかいました。丹波大納言小豆の「ふるまいぜんざい」のコーナーにはどの時間も行列ができ、大変なにぎわいでした。

ふるまいぜんざいに並ぶ人々

ふるまいぜんざいに並ぶ人々

「秋の味覚フェア」企画ブースでは、兵庫県認証食品、そして丹波の秋の味覚をもっと身近に触れていただくべく、

・あざみ菜漬け

株式会社やながわ お福豆しぼり

丹波ブルーベリー研究会のブルーベリージャム

丹波乳業 丹波大納言小豆ヨーグルト

こやま園 なた豆茶

等の試食コーナーを設けました。

IMG_6965

県産食品で、安全・安心かつ地元特産としての特徴が認められる食品、「兵庫県認証食品」。その試食を口にされた多くの人から「美味しい!」「これはどこで買えるの?」と嬉しいご感想をいただくことができました。

いずれもJAとれたて野菜直売所、丹波市内の道の駅で購入可能です。また商品名からのリンク先の記事に詳しい情報も掲載されていますのでご確認ください。

神経衰弱の様子

神経衰弱の様子

また企画ブースでは試食以外にも、「丹波名産品神経衰弱」で、丹波黒大豆、丹波大納言小豆、丹波栗、丹波の黒豆、「夢たんば」「丹波ひかみ米」という丹波の名産品をゲーム形式で楽しんでいただいたり、

あずき積みの様子

あずき積みの様子

俵型が特徴の「丹波大納言小豆」を積み上げることができたら商品を進呈させていただくという「小豆積み」にもたくさんの人が挑戦してくださいました。

「小豆を積み上げることが本当にできるのか?」と半信半疑だった方も、実際に丹波大納言小豆を手に取ってみて、その粒の大きさと、特徴的な俵型の形に触れ、驚いていたようでした。

CIMG1596

フェアには阪神間からもたくさんのお客さまが来られましたが、実際に見て、手に取り、口にしていただく事で丹波の食の魅力を知っていただけたのではないでしょうか。今後も、丹波の魅力、「丹波の食」の品質の良さをどんどん発信して行きたいと考えています。