【ぜんざいレポート】㉕三津屋妹尾「そばがきぜんざい」

11月3日より、今年も始まりました、「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。


農・森・人編集部では、各店の趣向を凝らしたおぜんざいを実食、


その美味しさをレポートしてまいります。

今回は「粒もん×和」ゾーンに位置するぜんざい、


ぜんざいマップ5番、三津屋妹尾さんにお邪魔しました。

妹尾さん2-800x600

Iターンしてきたご夫婦で営むお蕎麦屋さん、古民家をリノベーションして、

ホッとした空間で楽しむ本格お蕎麦が人気です。ねじまき時計の優しい音が響きます。

妹尾さん10-600x800

こちらのおぜんざいは、お蕎麦屋さんならではのそばがきぜんざい。

「そばんち」さんもそばがきぜんざいを提供されていますが、そばがきと一口に言っても食感はいろいろ。

IMG_6790-800x533

三津屋妹尾さんのそばがきぜんざいは、粗挽きのそば粉を利用した柔らか目のそばがきで、

とろみのある食感の中、そばの実がぷちぷちとアクセントになっています。

添えられている塩かりんとう、柔らかく炊かれた「丹波大納言小豆黒さや」のほこほこ食感、

色々と組み合わせて楽しめるので、最後の一口まで飽きずにいただけます。

 

肉厚のさば寿司や、本格十割そばも人気のランチどころ、

ご本人が甘党だというご主人が試作を重ねて作ったデザートぜんざい、ぜひご賞味ください。

 

info
店名   三津屋妹尾
所在地  丹波市青垣町田井縄640
電話   0795-87-2550
営業時間 11:00 ~15:00
定休日  火曜~金曜   月曜(12月~3月 ) ※12月からは土日のみの営業になります。

===========================================

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!

丹波大納言小豆ぜんざいフェア

 

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、市内38カ所のお店で提供 されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

 

【開催期間】

2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

 

【ぜんざいMAPダウンロード】

http://magocoro.tamba.sc/map2017/

 

============================================