【ぜんざいレポート】㉒大連飯店「丹波大納言小豆とくるみのぜんざい」

 

11月3日より、今年も始まりました、「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。


農・森・人編集部では、各店の趣向を凝らしたおぜんざいを実食、


その美味しさをレポートしてまいります。

今回は「汁もん×洋」ゾーンに位置するぜんざい、


ぜんざいマップ31番、大連飯店さんにお邪魔しました。

 

ハピネスブログ用_171111_0001-800x450

本格中華のお店で、坦坦麺ランチなども人気の地元に愛されるお店です。

ここではぜんざいと中華というちょっと異色の取り合わせで、

様々な工夫を凝らしたぜんざいメニューが提供されています。

まず、ぜんざいMAPにも載っている「丹波大納言小豆とくるみのぜんざい」

大連飯店12-600x800

甘さは控えめでくるみの風味がきいたあったかいお汁に、

ホクホクやわらかい、新食感に仕上げられた栗や、白玉のもちもち食感も面白く、

キクラゲのこりこりも、ぜんざいによく合う仕上がりに。

丹波大納言小豆の中でも希少な「黒さや」を使った柔らかくて甘味のしっかりついたあんこが

甘味のアクセントとなり全体をしめてくれています。

大連飯店13-600x800

白キクラゲにはコラーゲンもたっぷり入っているということで、

小豆の美容効果と相まって、美味しく食べて綺麗になれるスイーツになってます!

また、MAPに載っていない裏ぜんざいメニューとして、

IMG_6105-800x533

こちらの「丹波大納言小豆の杏仁豆腐」もご提供。

ひんやり冷たく、中華料理のデザートにももちろんピッタリ、

隠し味の柚子ジャムが、甘い大納言小豆とのバランスを取って、

するっと食べてしまうことができるぜんざいメニューとなっております。

(※両方とも、添えられている春まき風のアップルパイは別注です)

どちらのメニューも大人気だという、二つの大納言小豆の中華ぜんざい、

ぜひお試しくださいませ。

 

info
店名  大連飯店
所在地  丹波市柏原町見長5
電話   0795-72-1306
営業時間 11:00 ~14:30(L.O) 17:00~21:30(L.O)
定休日  火曜

===========================================

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!

丹波大納言小豆ぜんざいフェア

 

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、市内38カ所のお店で提供 されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

 

【開催期間】

2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

 

【ぜんざいMAPダウンロード】

http://magocoro.tamba.sc/map2017/

 

============================================