【ぜんざいレポート】①あずき工房やなぎた「黒さやぜんざい」

11月3日より、今年も始まりました、「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。

農・森・人編集部では、各店の趣向を凝らしたおぜんざいを実食、

その美味しさをレポートしてまいります。

 

まずは「汁もん×和」の定番ゾーンに位置するぜんざい、

ぜんざいマップ32番、あずき工房やなぎたさんにお邪魔しました。

IMG_3424

こちらの黒さやぜんざいは、

平日の場合は要予約。土日祝であれば予約不要でいただくことができます。

定番型のぜんざいですが、使われている小豆は丹波大納言小豆の中の「黒さや」という品種で、

丹波市の中でも春日町の東中という限られた地域でしかとることのできない、

収穫時にさやが黒くなる幻の小豆、母から子へ受け継がれてきた秘伝のあずきなのだそう。

 

IMG_3439

お盆にはぜんざいの横に、自家製の季節のお漬物つき。

これからのシーズンでは白菜のお漬物などが出始めます。

IMG_5344

中に入っている角餅は、自家製の杵つき餅。

粒感の残る、ふわふわした杵つきならではの味わいです。

ぜんざいのお味は……、

噛むと優しく小豆がほどけ、口の中にじんわり優しい甘みが広がります。

お汁はサラサラで、ほくほくの小豆を引き立ててくれます。

ざらめ糖を使用して甘さは控えめ。

黒さやそのものの味をじっくり味わうことができます。

小豆、もち米、自家製漬物とも、材料や調味料から手作りにこだわった

丹波に伝わるおふくろの味。ぜひご賞味ください。

info
店名  あずき工房 やなぎた
所在地  丹波市春日町東中1425
電話   0795-75-1249
営業時間 10時~16時(平日は要予約)
定休日  不定休

===========================================

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!

丹波大納言小豆ぜんざいフェア

 

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、市内38カ所のお店で提供されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

 

【開催期間】

2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

 

【ぜんざいMAPダウンロード】

http://magocoro.tamba.sc/map2017/

 

============================================