ぜんざいレポート⑧丹波市立薬草薬樹公園 お食事処おときや「丹波大納言ぜんざい」

11月3日より、今年も始まりました、「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。


農・森・人編集部では、各店の趣向を凝らしたおぜんざいを実食、


その美味しさをレポートしてまいります。

今回は「汁もん×和」ゾーンに位置するぜんざい、


ぜんざいマップ6番、丹波市立薬草薬樹公園 お食事処おときやさんにお邪魔しました。

IMG_2524

薬草薬樹公園さんは、丹波市山南町のお湯どころとして人気。

IMG_2516

季節ごとの薬草薬樹が見事に花を咲かせる庭園も癒しのスポットです。

2Fのお食事処「おときや」さんは、体の中から健康になれる

薬膳料理を中心に提供、旬を感じる丹波素材のランチメニューも人気です。

その「おときや」さんの「丹波大納言ぜんざい」は、

_MG_0568

このような、栗と焼き餅2こ入りの濃厚なおぜんざいです。

見た目にもぎっしりと小豆が入っているのが分かりますが、

その小豆の粒の一粒一粒が大きいので食べ応えがあり、満足感があります。

お汁は優しい甘さでありながら、小豆を噛むとまた、しっかりとした甘さが口の中に拡がります。

栗の大きな甘露煮は、かみしめるほどに栗そのものの味がしっかりと感じられ、また

小豆の甘味が焼き餅の香ばしさを引き立てる、王道の味。

薬草薬樹公園内で販売されている、漢方ブレンド茶つきなのも、一つの特徴ですね!

王道でありながら大満足のこちらのおぜんざいを、丹波の湯と共に楽しみ、

体の内からも外からも温かいひとときをお楽しみください。

 

info 
店名 丹波市立薬草薬樹公園 お食事処おときや 
所在地 丹波市山南町和田338 -1 
電話  0795-76-2121 
営業時間 11:00 ~20:00
定休日  水曜

===========================================

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!

丹波大納言小豆ぜんざいフェア

 

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、市内38カ所のお店で提供 されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

 

【開催期間】

2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

 

【ぜんざいMAPダウンロード】

http://magocoro.tamba.sc/map2017/

 

============================================