6月は農繁期!スイートコーンの穂も大きく

6月下旬に収穫を待つ、トウモロコシ畑

6月下旬に収穫を待つ、トウモロコシ畑。穂が大きくなってきている

雨の日と、強い暑さを感じる日が交互に訪れる今日この頃、畑の作物たちも急速な成長を見せてくれています。

こちらは、3月下旬に種をまいて、トンネルをしたトウモロコシ。早くも穂が、トウモロコシの形になってきています。

一面のトウモロコシ畑

一面のトウモロコシ畑

露地栽培の畑はこちら。一面に植えられています。

自然に任せて大きくなったものは、きれいに揃って育ちやすいのだとか。

黒豆の早稲

黒豆の早稲

一般的に秋に収穫される黒豆も、早稲は6月中旬に収穫を控えています。

黒豆は病気や虫が付きやすいため、こまめな管理が必要で「手のかかる」作物のうちの一つです。

丁寧に管理され、きれいなさやを付けているのが写真でも観察できます。

 

雨のイメージがある6月ですが、

農業の現場では新たな作物の種まきも始まり、忙しくなります。

暑くなってくる季節なので、どこも早朝からの作業が始められています。