アフリカ人が研修 西山酒造場 酒造りや文化学ぶ

 日本の酒造りや文化を学ぼうと、神戸情報大学院大学の留学生2人が4―8日、西山酒造場(西山周三社長)で酒造りの各工程を体験した。  ケニアのIT会社マネージャーのオチエン・クリフォード・オチエノさん(28)と、マダガスカルで企業を経営するアンドリアマニェバルナキ・アレ・ロドリスさん(25)。ともに昨年9月に来日し、これまでソフトバンクやサンテレビなどで研修した。  同酒造場では5日、酒米の塊をほぐす「盛り」と呼ばれる作業のほか、酒米や麹、水などをタンクに入れ、櫂を使って攪拌する「櫂入れ」などに取り組んだ。  オチエンさんは「日本人は勤勉と聞いていたが、何度も会議をしてから仕事に取り掛かるのが印象的で、チームワークよく働く姿が素晴らしかった」と感心。アンドリアマニェバルナキさんは「日本酒は好きだが、こんなに酒造りが大変だとは思わなかった。次に飲むときは、もっとおいしく感じるはず。マダガスカルでは日本酒は知られていないので、輸入にも挑戦できれば」と話していた。

B0910 西山酒造外国人

(写真)櫂入れを体験するアンドリアマニェバルナキさん(左)とオチエンさん=西山酒造場で

記事提供:丹波新聞