女性にも人気のフルーティーな日本酒! 西山酒造場のフレッシュなお酒造り

フルーティーでフレッシュな味わい、ラベルの美しさにもこだわりが感じられる、「伝統的なのに、あたらしい」そんな日本酒を提供されている、市島町の西山酒造場。この10月からは、大阪日本橋にて日本酒立ち飲みバー「NIPPONno SAKE 小鼓御里(こつづみおんり)」を開店されるなど、日本酒のもつ斬新な可能性を追求・表現し続けています。その日本酒は国内外を問わず評価を受け、特にそれまで日本酒を苦手としてきた方や、女性の方にもファン層を広げています。

昔ながらの伝統的な雰囲気を残す 西山酒造場直売所外観

昔ながらの伝統的な雰囲気を残す 西山酒造場直売所外観

新しい可能性を追求する中でも、兵庫・丹波の地域密着の姿勢をとても大切にされています。お酒造りの原料も「兵庫北錦」という、丹波の気候に適した酒米をもっとも多く使用しているとのこと。
県産の酒米にこだわって、安全安心の伝統製法で作られたお酒は「兵庫県認証食品」にも認証されています。
(※「兵庫県認証食品」…兵庫の土地ならではの特性や特長を持ち、かつ安心で安全な県産食品として兵庫県から認証された食品)

直売所内部の様子。それぞれのお酒の特徴をわかりやすく説明していただけます。

直売所内部の様子。それぞれのお酒の特徴をわかりやすく説明していただけます。

)

西山酒造場で造られる「兵庫県認証食品」として認証されたお酒の中でも、特におすすめのものを伺いました。
まずは、珍しい酒米を使用した『小鼓 路上有花 黒牡丹』。これは但馬強力という希少な酒米を使用しているだけでなく、その酒米の雑味となる外側部分を丹念に削ってうまみのある中心の部分だけを贅沢に使用した、最高級の「純米大吟醸酒」です。
但馬強力は、但馬地方で開発されたお米で、かつては兵庫県下で広く栽培されていました。生育の難しさからいつしか生産されなくなっていた但馬強力を、西山酒造場と地元の農家さんとで復活させることに成功したのです。

小鼓 路上有花 黒牡丹 720ml瓶

小鼓 路上有花 黒牡丹 720ml瓶

日本酒は和食に合わせられることが多く、特に魚料理に合うものが多くありますが、こちらの黒牡丹はインパクトのある、飲みごたえのある味わいなので肉料理にもピッタリで、日本酒ファンに指名買いされるコアな味わいが魅力です。冷や、常温での飲用に適しています。

そして、上述の立ち飲みバーでも提供されるしぼりたて、「小鼓 純米吟醸生酒」。しぼりたてのフレッシュさやフルーティーさはイベントの試飲でも好評。どんな人にでも飲みやすく、女性人気も高い味わいです。

「小鼓 純米吟醸生酒」300ml瓶。非加熱の生酒は冷蔵庫で保管。

「小鼓 純米吟醸生酒」300ml瓶。非加熱の生酒は冷蔵庫で保管。

こちらの麹米は丹波産の兵庫北錦。それに掛米として五百万石を使用しています。食前酒やウェルカムドリンクなどにもぴったりです。

また、「小鼓」といえばこちら!定番商品の「小鼓 純米吟醸」。こちらも生酒と同じく、麹米に兵庫北錦、掛米に五百万石を使用しています。

左・「小鼓 純米吟醸」1800ml瓶。 右・「小鼓 花吹雪」720ml瓶

左・「小鼓 純米吟醸」1800ml瓶。 右・「小鼓 花吹雪」720ml瓶

日本では以前まで、左側の1800ml瓶のみ販売。右の「小鼓 花吹雪」も中身は「小鼓 純米吟醸」と同じですが、こちらはそもそも海外で販売されていたものでした。「花吹雪」は海外のワイン専門家・日本酒専門家からも高く評価を受けました。また、「International SAKE Challenge」にて最高賞の「TROPHY」を受賞するなど、海外で多くの賞を受賞したお酒でもあります。
こちらは、どんなお料理の味も引き立てる、すっきりとしたコメのうまみや甘みが魅力です。冷、常温で楽しめるほか、これから寒くなる季節にはぬる燗もお勧め。冷、常温、ぬる燗でそれぞれ、お酒から立ち上る香りが違うのも、ぜひお楽しみください。

お話いただきました、植村奈津子さん

お話いただきました、植村奈津子さん

お話をいただきました、植村さんをはじめとして、女性が多く勤める西山酒造場。今は蔵人も半分が女性だということで、女性ならではの目線でお酒造りが行われています。「『おじさまが飲むお酒』、というイメージが強かった日本酒ですが、小鼓はフルーティーで飲みやすいお酒ですので、これからは女子会などでも、どんどん楽しんでもらえたらと思います」。日本酒の持つ、あたらしさをこの機会にお試しください。

西山酒造場のお酒は、直売所ほか、丹波市内の道の駅で購入可能です。

—————————————————–
丹の里・丹波市秋の味覚フェア 兵庫県認証食品PRブースにて商品展示します。

日時:10月25日 10:00~15:00
場所:丹波の森公苑