夢を持ち続ける有機農家・宮垣富男さんの挑戦

農業の経営と技術に優れ、多年にわたり兵庫県の農業に貢献し、またその功績が顕著な方におくられる「兵庫県農業賞」。
その名誉ある賞を受賞された、氷上町鴨内の宮垣富男さんを訪ねました。

宮垣さんは、水稲の大規模経営、機械除草などによる有機稲作技術を確立したこと、
またそれだけでなく、有機人参の栽培と新規就農・青年農業者への貢献などが功績として大きく評価されました。

有機農業への歩みを振り返って語る宮垣富男さん

有機農業への歩みを振り返って語る宮垣富男さん

 

手間も時間もかかる有機農業、それを大規模経営の中でやっていくのは至難の業。
しかし宮垣さんがそれを行えるのは、工夫と知識と学びがあってこそでした。

「大規模経営だから、有機ができるのかとはじめは不安だったけど、
『いつかできたら』という想いはもって勉強だけはしてきた」

宮垣さんが有機農業に興味を持ち、学び始めたのが昭和の終わりごろ。
有機農業としては始まったばかり、とても早い時期からのスタートでした。
同じ学びを求める仲間たちの存在もあって有機農業の学習会は続き、
宮垣さんも自分の農場で有機農業を始めることができるようになりました。

 

とれたてほやほや!立派に育った有機人参の収穫風景

とれたてほやほや!立派に育った有機人参の収穫風景

 

「夏に太陽熱消毒をして草の種を枯らすことで、雑草がほぼゼロになります、この夏は雨が多くてだいぶ手で引いたけど」

このように自然にある太陽光などを上手に利用して除草に役立てるほか、
「100パーセント有機の堆肥を使って、ミネラルや糖度が高いものを作る。
窒素濃度が高いと虫が来やすくなるから、各種の堆肥を上手に配合することによって
味も良くて虫が寄り付かないものを作れるように、私らも一つ一つ勉強ですわ」という、こだわりを持っています。

 

宮垣さんの使う堆肥のひとつ。堆肥独特のにおいがない、100%有機の堆肥です。

宮垣さんの使う堆肥のひとつ。堆肥独特のにおいがない、100%有機の堆肥です。

 

宮垣さんは作った農作物について、栄養検査を分析機関で受けてデータ化して次作以降の有機肥料の量を調整するなどデータを活用しています。窒素の過多で発生する硝酸塩窒素は野菜にえぐみや苦みをもたらすことがあります。宮垣さんの方法で作った有機野菜はその硝酸態窒素が極度に少なく、糖度や栄養度が高くなります。それが見た目やデータで証明されることが励みにもなり、宮垣さんは研究と学習を重ねてより安全でおいしい農作物づくりを極めてきました。

 

シンプルなのにフルーティーでおいしい、宮垣さんの人参

シンプルなのにフルーティーでおいしい、宮垣さんの人参

糖度計に示された数値が、人参の甘さを裏打ちしてくれました

糖度計に示された数値が、人参の甘さを裏打ちしてくれました

 

私たちも宮垣さんの人参を輪切りそのままでいただきましたが、柿を思わせるような甘さ。
それが気のせいでない証拠に、その人参の摩り下ろした汁を糖度計ではかると
(通常人参の糖度は7でも高いほどですが)10を超える数値が出ていました。
こうしてしっかりと味と栄養分析の裏付けがされているものだからこそ、
安心した食品を手に入れたいという人、本当においしいものが食べたいと願う人に喜ばれ続けているのです。

 

とれた人参はこちらへ。丁寧な検品をしながらきれいに洗っていきます

とれた人参はこちらへ。丁寧な検品をしながらきれいに洗っていきます

洗った人参はこちらへ。大きさごとに分類してくれる機械です

洗った人参はこちらへ。大きさごとに分類してくれる機械です

 

この日は収穫された人参をきれいに洗い、仕分けをし、大きさごとに分けて箱詰めをするという作業が行われていました。
箱詰めされていたのは、人参ジュース「人(じん)」になる予定のものだとか。
この人参ジュース「人(NIN)」もまた、糖分の添加が全くないにもかかわらず
フルーティーな味わいがそのままに味わえる贅沢な一品です。

 

『農魂』ひとすじの想いを示す、宮垣農産事務所の額

『農魂』ひとすじの想いを示す、宮垣農産事務所の額

 

宮垣さんは息子さんたちと一緒に農業を経営されています。
また若い従業員を雇い、農業を新しい世代に受け継ぐこともしっかりと視野に入れています。
「農家でも夢はもたなあかん。夢を持ってたらいつか成就するかもしれん」
かつて「いつか有機農業ができたら」と思いながら学んでいたご自分の経験からか、そう語る宮垣さん。
宮垣さん自身もまた、これからの仕事に目標を抱きながら日々勉強を重ねています。