健やかな鶏さんを育む~卵農家 カンナンファーム

 

広大な土地を有する兵庫県。兵庫県の土地で生産される食材は多岐にわたり、

その生産性としての資源はとても豊かです。

その豊かさと食材の美味しさに対して十分な評価が行われにくかったこと、

また食の安全に対し不安の声も上がりがちな情勢を受け、

兵庫県は平成16年に、兵庫の土地ならではの特性や特長を持ち、かつ安心で安全な県産食品を

「兵庫県認証食品」として認証することにしました。

 

兵庫県は日本海から瀬戸内海までの広い面積を有し、その中から海や山の恵みをふんだんに受けた、

数々の認証食品が生まれました。その審査は厳正なもので、書面審査だけでなく現地確認や安全審査が行われ、

厳しいチェックを潜り抜けた、本当に安心で安全な食品だけが兵庫県知事の認証を受けることができるのです。

豊かな農業生産を誇る丹波市にももちろん、その「兵庫県認証食品」として認証された食品があります。

 

その一つが、丹波市春日町の「カンナンファーム」。

まわりを山々に囲まれ、きれいな空気と良質の水に恵まれた場所に約2万1000羽の鶏を育てる養鶏場です。

 

カンナンファームの兵庫県認証食品は、『丹波、奥里の卵 やまぶき』はじめ6品です。

「やまぶき卵」「春日の宝玉」「昔ながらのぷっくりたまご」

「丹波奥郷の卵」「美味しいカンナンさんの卵」「丹波奥里隠し卵」

 

IMG_0135kakou

 

その特徴は、卵白は透き通るほどの透明度があり、黄身はつまめるほどの強くしっかりとしていることです。

味わいはスッキリとした中にも深いコクがあります。

 

IMG_0148

 

この卵がどのように作られているのか、ご紹介します。

 

カンナンファームは昭和32年設立で、現会長の河南一夫さんは、

「子どもたちに安心して食べられるものを伝えていきたい」という思いで取り組んでいます。

 

昔から、卵は完全栄養食品と言われているように、たんぱく質・カルシウム・鉄分など、

ビタミンCを除くほぼ全ての栄養素が含まれています。

健康な体作りに欠かせない卵だからこそ、安心安全なものを届けたい。

そのために取り組んでいることが、鶏が食べる餌を厳選することと、衛生的な飼育環境作りでした。

 

カンナンファームでは、今から約40年前に供給する餌を自家配合に切り替えました。

問屋から購入する配合飼料には何が入っているか厳密には分からない。

自分の目で厳選した飼料を自分の手で配合することが一番の安心安全につながると考えてのことです。

 

とくに飼料の厳選に関しては、食用レベルの非遺伝子組み換えトウモロコシを丸粒のまま仕入れています。

飼料配合の7割がトウモロコシを占める為、品質だけでなく鮮度にも気を配っており、

丸粒のまま仕入れることで配合ごとのひき割りが可能になり新鮮な餌を鶏に提供できるのです。

また、北海道近海で水揚げされた高品質の魚粉末(サンマ、サバ、イワシ、助宗など)は、

原料高騰や漁獲量が減り入手困難になりつつある現在も、化学合成蛋白(DL メチオニン)に頼ることなく

使い続けるこだわりの素材です。

 

もう一つの取り組みである、衛生的な飼育環境作りは、ケージ飼いにあります。

「平飼いにこだわる方もいますが、鶏が糞便の上を自由に移動できる環境では、感染の機会が増えて、

安全な卵を作ることが難しいので」 と、平飼いではなく、衛生的なシステムを組み込んだ鶏舎での飼育をしています。

鶏糞処理がなされ衛生的で、採光や空気の循環もあり、鶏がストレスなく過ごすことのできる環境を整えられた鶏舎。

これらの設備は、河南会長が試行錯誤を重ねて自ら設計し、自ら建てたものなのです。

 

コストダウンや手間を惜しむことが、鶏の餌の品質や安心安全に関わり、

ひいては、鶏から生まれる卵の品質と安心安全に直結する。

鶏が健やか育つことへの気配りは、その後ろにいる「卵を食べる人たち」への健康への気配りに繋がっています。

 

IMG_0140

—————————————————–
丹の里・丹波市秋の味覚フェア 兵庫県認証食品PRブースにて商品展示します。

日時:10月25日 10:00~15:00
場所:丹波の森公苑

 

カンナンファーム

住所 丹波市春日町栢野17
電話  0795-75-0933