800体の雛飾り町中に 24日から柏原で 「雛めぐり」 食や手作り体験も

 「かいばら雛めぐり」(同実行委員会主催)が24―31日の午前10時―午後4時、柏原町市街地一帯で開かれる。柏原自治協議会、観光まちづくりの会、まちづくり柏原、市商工会柏原支部が実行委員会をつくり、昨年のプレイベントを経て本格実施する。約800体の雛飾りを商店や民家など約50軒で展示し、手作り体験や食の催しを行うなど、多彩な企画を計画している。
 地域住民らに呼び掛けて借り受けた雛飾りや、住民有志が自治会やグループごとに1年かけて作った「吊るし雛」計約100点を市街地一帯で展示する。吊るし雛は、縁起物をあしらった細工を組み上げたもので、江戸時代に始まったとされる。昨春、柏原自治協議会役員らが吊るし雛の先進地、和歌山県九度山町の「町家の人形めぐり」を視察したのをきっかけに企画した。
 柏原町柏原の町家ギャラリー「るり」(0795・72・1608、月曜休廊)では「雛めぐり」を前に展示会「雛まつり」を開催している。同ギャラリー代表の酒井るい子さん所有の大正時代初期からの雛飾りなど9点や、酒井さんが作った吊るし雛8点を展示している。31日まで。
 特別企画として、24―31日、柏原藩邸で織田藩6代目信古の娘、鶴姫愛用の「御所人形」「三ツ折人形」、稲畑人形などを展示する。26日休館。期間中は入場無料。また、24、25の両日、関学スタジオで服飾デザイナーの森南海子さんが約40年前に丹波地方の蔵からもらい受けた藍染めの古布を展示。薬膳沖縄料理店「ほしのしずく堂」(箕面市)が沖縄伝統の泡のお茶と手作り菓子(有料)を提供。いずれも午前10時―午後4時。
 3月25日午前11時―午後3時、レンタルの着物を着せてもらい、まちを歩き、「無鹿」でランチをとる「キモノアソビ」を開催。中学生以上先着10人。参加費3500円(昼食代込み)。15日までに梅垣さん(電080・5334・5582、Eメールkimonoasobi2018@gmail.com)。レンタル着物、着付けのみも可能。
 25日実施の「城下町の名店食べ歩きツアー」は、午前11時柏原駅出発、イタリア料理や回転焼き、ジビエ、フレンチのつまみ食いや、雛御膳の昼食、紅茶の「つまみ飲み」、抹茶席、庭園鑑賞のほか、4カ所で雛飾りを見学する。参加費3000円。定員20人(超過の場合抽選)。22日までに柏原自治協議会(0795・73・0198)。
 雛めぐりの期間中、20店舗が期間限定メニューを提供する。
 また、24、25の両日の午前10時―午後4時、柏原自治会館で「TAMBAオヤツ・フェス」を開催。福知山淑徳高校のスイーツや丹波市内の菓子店の商品を販売する。
 雛めぐりの詳細はフェイスブックや、丹波市観光協会のホームページなどで発信している。24日午前10時から、「かいばら100円笑店街」(丹波市商工会柏原支部主催)が柏原町商店街で開かれる。68店舗が工夫を凝らした100円の商品を販売する。
 手作り体験「春のひいな手仕事体験」の内容は次の通り。いずれも午前10時―午後4時。

 ▽手のひらサイズのミニ下駄作り(25日、旧本庄花店。300円。限定30個)▽「サンドブラスト」でつくるマイ・グラス作り(25・31日、わかさや商店。800円)▽つるし雛のパーツづくり(25日、丹波新聞社。100円)▽陶芸家・大杉康伸(山南町)さん作の白い陶器のひな人形に絵付けする(25日、木輪跡地。1対2000円。限定10体)▽「竹かご&竹のブレスレット作り」(25日、古市場公民館。竹かご1000円、ブレスレット500円)▽「丹波布のコースター作り」(24・25・31日、工芸の店KABURA。2枚1500円)

29432576_197512954356477_7898867336097038336_o

(写真)雛めぐりを前に、吊るし雛と雛飾りの展示が始まっているギャラリー=柏原町柏原で