「例年より粒大きく」 三方丹波栗生産組合 「銀寄」出荷ピーク

 

クリの品質をチェックする組合員。手のひらに数粒しかのらない大粒のクリが集まっている=氷上町三方で

クリの品質をチェックする組合員。手のひらに数粒しかのらない大粒のクリが集まっている=氷上町三方で

丹波栗の代表格「銀寄」の収穫が最盛期を迎えている。天候に恵まれ、大粒の栗が実っている。
 8戸で約1・5㌶を栽培している氷上町三方の「三方丹波栗生産組合」では組合員が皮の割れなど、自宅であらかじめ選別してきた栗を集荷場に持ち寄り、選果機にかけMから3Lの等級ごとに計量。温湯消毒、ファンによる冷却工程を経て、箱詰めして出荷される。
 例年2Lが一番多いが、今年は25㌘以上ある3Lが最も多くなっており、中には60㌘を超す巨大栗も。組合員たちは「こんな大きい年も珍しい」「栗まんじゅうのよう」と、大粒の栗に目を細めていた。市内の菓子業者のほか、インターネットで全国販売する。
 県丹波農業改良普及センターによると、実の数が少なく、豊作というほどではないものの、実が少なかったところに8月末の雨で実が太り、粒が大きくなっているという。