葉物野菜を水耕栽培 農業後継者確保の一策 氷上町稲畑 どろんこ会 「集落女性のバイト先に」

 氷上町稲畑の農事組合法人稲畑どろんこ会(梅垣嘉位組合長、9人)が、ビニールハウスを建設し、葉物野菜の水耕栽培を始めた。「水からうまれたお野菜」のブランド名で展開している。農業後継者の確保という課題があり、気候の影響を受けにくく経営が安定する、女性がアルバイトで作業できるなどのメリットから、栽培品目の見直しに取り組んだ。「将来、稲畑の女性のアルバイト先になれば」と同法人は期待している。
 10㌃のハウス1棟で、リーフレタス、サンチュ、ワサビ菜の3種を栽培している。クボタの水耕栽培システムを導入。台所の流し台のような形をした樹脂製の槽で、市の水道水と液体肥料を循環させて育てる。
 昨年12月から出荷を始めた。10枚ずつ袋詰めし、100円で販売。JA丹波ひかみのとれたて野菜直売所(氷上町)のほか、阪神間のスーパーにも出荷している。
 ハウスの中を3つのブロックに分け、端境が生じないよう時期をずらしながら栽培する。同JAの補助金を活用し、1100万円を投資した。
 同法人は、同自治会の3分の2にあたる33㌶の農地を預かっている。法人化して以降、自分たちが年老いた後、同自治会の農地を守ってくれる農業後継者の確保策を考え、栽培品目の見直しや研修生の受け入れなどを行ってきたが、20代や30代の若者は有機農業などこだわりの農法を好み、広大な農地を管理するような農業は好まれない事実に直面。そこで現実的に農地を維持する方法として、女性と定年退職後の世代に目をつけた。
 ハウス内を歩き、1枚ずつ葉を摘む作業は、立ったままできる軽作業。定年リタイヤ世代の人が組合に加わりやすくするよう、水稲よりも栽培に労力がかかり、天候にも左右される丹波大納言小豆と小麦のペアの栽培面積を減らし、機械化で比較的に楽に作業ができる水稲の面積を増やしていくことにした。
 同組合経理担当の前田行雄さんは「若い人をと考えていたが、現実的ではないことが分かった。女性と定年リタイア組が『やってもいいな』と思えるような環境を整え、将来にわたって稲畑の農地を守っていけたら」と話している。

稲畑1

(写真)後継者問題を真剣に考え、ハウスでの軟弱野菜の水耕栽培に参入した稲畑どろんこ会=氷上町稲畑で

稲畑2
(写真)「水からうまれたお野菜」

記事提供:丹波新聞