丹波大納言小豆の集荷始まる

11月中旬から収穫を迎える丹波大納言小豆の集荷場を訪ねました。

春日大納言小豆 調整選別施設

春日大納言小豆 調整選別施設

 

春日町中山にある、「春日大納言小豆 調整選別施設」。

 

 

ここ、丹波市の春日町は、丹波大納言小豆の発祥の地で、古くから幕府や宮中に献上されていたほどの品だったとか。

また、朝晩の寒暖の差が激しい丹波の土地柄が良質の小豆作りに適しており、

加えて、一枝ごと熟した小豆を見極め、手作業で収穫する農家さんも多く、質の高い小豆が生産されています。

そんな良質の丹波大納言小豆を発祥の地にちなんで丹波市で生産される丹波大納言小豆を「春日大納言小豆」として商標登録し、ブランド化を進めています。

春日大納言小豆

春日大納言小豆

春日大納言小豆の特長は、大粒で、風味が良く、炊いても煮崩れしにくいこと。「殿中で抜刀しても切腹しないですむ」大納言に

例えて名付けられたと言われています。

京都の老舗の和菓子屋さんや料亭などで、小豆そのものの味や粒感が際立つお菓子や料理に使われています。

 

そして、そんな和菓子職人や料理人のお眼鏡にかなう小豆の厳しい品質管理が、この集荷場でも行われています。色、大きさ、重さなどの様々な検査により数十種類のランクに分けられることで春日大納言小豆の品質は保たれているのです。

丹波大納言小豆の集荷始まりました。

農家さんが持ってきた小豆を検査する

もちろん、この品質を支えるのは、農家さんたちの手間ひまを惜しまない小豆作りです。

丹波の小豆作りは、一大生産地の北海道とは違い、各農家さんが小規模で生産されていることが多いのですが、その分、ほとんどの方が手作業で収穫を行います。

この季節、朝早くから畑で収穫の作業をする姿を見かけますが、熟したサヤから順に手もぎで収穫し、その後、乾燥させて、サヤから小豆の粒を取り出し手選別という工程を経て、出荷場へ持ち込まれます。

サヤから小豆を脱粒するおばあちゃん

サヤから小豆を脱粒するおばあちゃん

集荷場での取材の際、JA丹波ひかみ春日営農経済センターの岸本さんから

「京都の老舗和菓子屋などから認められるほど品質の高い小豆であることに、もっと誇りをもって広めたい」という思いを聞かせていただきました。

農家さんも一緒になって「春日大納言小豆」という最高級小豆の生産と認知拡大に努めていきたいと。小豆の収穫期を迎えた今、その思いが一層強まっている様子がうかがえました。

お話を伺った春日営農経済センターの岸本芳樹さん

お話を伺った春日営農経済センターの岸本芳樹さん