地域で“旅する蝶”呼ぶ 市島・梶原に 「アサギマダラ」 農地にエサの花植え 「感動こみ上げた」

“飛来第1号”のアサギマダラ

“飛来第1号”のアサギマダラ

 “旅するチョウ”で知られる「アサギマダラ」を飛来させようと、市島町梶原自治会の住民でつくる「梶原ふるさと協議会」(荒木敬一会長)が、エサとなるフジバカマを植えて整備している農地に、このほど待望の1匹目が姿を現した。昨秋の取り組み開始から1年。待ちわびた結果に、荒木会長(67)は「何度も農地に足を運び、飛来を待った。来年も飛来してほしい」と喜んでいる。
 アサギマダラは、羽を広げると10㌢ほど。黒と褐色のほか、ステンドグラスを思わせるような浅葱色の羽を持つ。渡り鳥のように、季節によって集団で長距離を移動する習性があり、国内にいた個体が海を越えて台湾や香港で確認されることもある。
 昨秋、会員の荻野俊男さん(57)が、テレビ番組でアサギマダラが福知山市に飛来していたことを知り、荒木会長や荒木久志事務局長(67)に相談。「梶原にも飛来したらいいな」という思いから、役員らが中心になって、生態を調べるところからスタートした。
 つてを頼り、アサギマダラに詳しい同市の「児童科学館」を訪問し、生態や習性を学び、標本をみせてもらうなどした。ほどなく同市雲原の糸井洋さん・美代子さん夫妻宅にアサギマダラが飛来したと知人から聞き、現場に向かった。実物を見るとともに、飛来までの経緯を聞くなどした。
 今年3月、景観形成や生態系保全も兼ね、糸井夫妻の好意で株分けしてもらったフジバカマを、地域内にある日光寺の参道横の農地(約100平方㍍)に植栽。以降、会員で水やりや草刈りに取り組み、世話を続けた。
 “飛来第1号”は10月2日、荒木事務局長が発見した。9月末ごろに開花し始めたフジバカマを見に農地へ行くと、鮮やかな羽のアサギマダラが1匹、優雅に舞っていたという。荒木事務局長は「慌てて役員たちに連絡した。自分たちで整備してきた農地に来てくれたので、感動がこみ上げてきた」とほほ笑む。
 天気の良い日には、15匹ほどがやって来ており、写真撮影する人の姿も見られる。荒木事務局長は「多くの人の知恵やノウハウのおかげで取り組めた。こんなに早く飛来して驚いたが、とにかくうれしい」と話している。
 

「梶原ふるさと協議会」が整備した農地に植わるフジバカマと、飛来計画の提案者の荻野さん=市島町梶原で

「梶原ふるさと協議会」が整備した農地に植わるフジバカマと、飛来計画の提案者の荻野さん=市島町梶原で

記事提供:丹波新聞