2020年1月12日(日)たんばルシェ開催レポート

冬ならではの丹波の「美味しい」を発信すべく、

旬の野菜をはじめとした丹波市産の農林畜産物の販売や、

心も体もあったかくなる丹波市産品を使ったスープやランチメニューなどを提供する

たんばルシェ冬について、こちらの記事で振り返ります。

当日はたくさんのご来場、ありがとうございました。

冬のたんばルシェを振り返るフォトギャラリー

 

たくさんのお客様にご来場いただき、会場に「美味しい」の声があふれたたんばルシェ会場。

朝採れの新鮮な農産物にも注目が集まり、

市内で定番人気の加工品メニューはもちろん、

素材の美味しさを生かしてアレンジしたメニューなど、

迷ってしまうほど豊富なメニューが会場に勢ぞろいしました。

山内青果店提供・丹波市産野菜

あまご庵提供・あまごの塩焼き

スープBARの様子

「冬といえばスープ」ということで、丹波の人気名店からのご協力を得て実現した、

スープBARも大盛況。

 

丹波市産物と、それらに関わる人達が提供する美味を、お楽しみいただけたのではないでしょうか。

また、マルシェは新鮮な食材だけでなく、それを作る人々との出会いの場でもあります。

おすすめの食べ方やかんたんなレシピ、商品にかける思いなど、楽しい会話が弾みます。

生産者と消費者が直接つ流れる空間の中で、沢山の笑顔が生まれました。

 

ここでは、たんばルシェの美味しく楽しい雰囲気をフォトギャラリーにしてお届けいたします。

写真左右の矢印ボタン、または写真上の三角ボタンをクリックしてご覧ください。

グローブマウンテンコーヒー/丹波ブルーベリージャムのマフィン

丹波市産の食の魅力を伝えるべく、たくさんの工夫を重ねて

ご出店くださった出店者の皆様、

そしてたんばルシェにお越しくださったお客様、本当にありがとうございました。

丹波市産の農産物やそれに携わる人と出会える場所、たんばルシェ。

今後も、丹波市産の食の魅力、質の高い農作物に触れられる機会をもち

引き続き丹波市の「農・森・人」の魅力を伝えていきますので、

今後とも宜しくお願いいたします。

 

丹(まごころ)の里・丹波市「味覚フェア」実行委員会