旧神楽小学校を木の魅力感じるスペースに!
林業と暮らしを結ぶ製材会社㈱木栄の活動

丹波市は、山々に囲まれた中山間地域。その暮らしは山抜きで語ることはできません。市内でも多く見られる針葉樹が植えられた山林は、基本的に「人工林」。戦後の木材不足から人々の手で多くの杉やヒノキが植えられました。しかし現代ではスギの木の価格下落、海外市場との価格競争に置かれる中多くの山林が放置されているという現状があり、日常生活に木を使う機会も減ってきています。針葉樹が多く植えられた山では土砂崩れや水害、花粉症などの問題が取り沙汰されていますが、建築業界では輸入材・他府県材を使用するところが多くあります。

(株式会社木栄 外観)

 

丹波市青垣町で製材業を営む株式会社木栄は、地元丹波市産や京都産などの木材を建築用の構造材や加工品として提供しています。2019年には、「気軽に木に触れ、地元の人達が交流するスペース」として、閉校した神楽小学校を「FOREST DOOR しぐら」としてオープン。同社で取り扱う国産材や加工品・家具の展示スペースとして活用しています。

(旧神楽小学校を活用したFOREST DOOR しぐら)

 

木の香りとぬくもり感じる「木育」スペースFOREST DOOR しぐら

「今の山が抱える課題を改善するには、木を使ってもらうこと。この場で木に触れ、使ってもらうことから活性化につながれば」と話す、株式会社木栄の足立栄逸会長。丹波市の気候風土で育った木を使用する柏原町の建築会社「栄建」、山林の立木の買取や森林整備を行う柏原町の「森のわ」とはグループ企業で、山から建物まですべての工程に精通しています。山から建物までトータルで関わり、地元産・国産の木材の使用を促す活動を行うことにより、人が森林の中に入るようになります。そのことが森林を守り、森林の働きであるCO2削減、ひいては地球温暖化防止に繋がります。

 

(足立栄逸会長)

丹波市産の木は年輪の締りがよく、強度に優れた木材と言われ、宮大工の世界でも丹波は奈良県の吉野、岩手県の遠野に並ぶ良質の木材の生産地と認識されています。また製材のJAS規格を持っている業者も市内に3社あるなど、木材の乾燥や加工の技術も先進的。丹波市産の木材を使うことは地域の山を守り活性化することだけでなく、耐久性に富んだ建物を作ることにも適しているのです。

(旧小学校の雰囲気を残したまま、木と触れ合える空間に)

 

親子で一日遊べるスペースに

 

「誰かが山を守らなければならないという想いで仕事に取り組んでいます。このFOREST DOORしぐらでは、気軽に木に触れてもらえる空間をと考えています」と話す足立栄逸会長。

旧神楽小学校の雰囲気をそのまま残した空間には地元の子育て世代も楽しめる工夫がいっぱい。子どもが雨の日でも体を使って楽しめる、木の迷路や木の玩具で遊べるコーナーもあります。

2020年の春には、丹波篠山市で閉園した保育園舎を利活用したカフェ「monoile」とコラボで、より多彩な木のおもちゃに触れられる「モノイレ ウッド・トイ・ミュージアム」をオープン予定。

子どもが楽しめる仕掛けをたくさん用意して、一日親子で過ごせるようなスペースをと鋭意準備中です。

その他、週末のマルシェやワークショップなどのイベント開催、週に一度の地元栄養士による「ツチノコカフェ」の開店、各種イベントでの貸し出しを行うなど、幅広い世代の人たちが交流する場として利用されています。

(元図工室は木工・ワークショップスペースに)

 

グッドデザイン賞受賞!災害時のストレス軽減につながるログモジュール

 

体育館に展示されているのは、2019年にグッドデザイン賞を受賞した「災害用ログモジュール」、国産杉を100%使用した木製間仕切りです。丹波市では2014年に豪雨災害が発生。また全国的にも気象災害が多発していることを背景に、災害発生時の避難所生活でのストレス軽減を目的として開発されました。

ベッド、生活空間やプライバシーに配慮した間仕切りなど、高さや組み合わせも自由自在。一枚一枚のパーテーションは比較的軽量で、工具不要で組み立てることができます。

何かと不便を強いられ精神的にも不安になりやすい避難生活の中で、杉の香りやぬくもりが感じられます。スタッフの方が実際に避難所体験をする中で「もたれかかる場所がほしい」と感じられたことも開発のヒントとなりました。

「災害用」と銘打っていますが、通常のベッドや棚などの家具としても使用可能。

(カフェの本棚は災害用ログモジュール使用)

 

FORESTDOORしぐら内でも、先述の木の迷路のほか本棚や授乳室のベッドなどに利用されています。

(授乳室のベッド)

 

「普段は家具として使えるので災害時に使う特別なものとして収納して頂く必要もありません。子どもの遊びに使ったり、成長に応じて本棚やベッドにしたりと用途も無限ですので、生活の中にも取り入れやすいかと思います」と足立会長も太鼓判を押します。

山に囲まれて暮らす中で、国産木材の利用促進は一つの大きな柱。人々の暮らしの中に木の文化を育むために、株式会社木栄は製材の現場から様々なPRと商品開発を精力的に行います。

(森林保全・森のわPR展示)

 

木の香りや手触り、ぬくもりを感じに来たり、身近な山についての相談もできたり、木造住宅を考える人にも学べる空間となる旧神楽小学校・「FOREST DOORしぐら」。身近な山にある課題と、そこで育つ木の質の高さ、丹波市の製材の高い技術力を感じる空間となっています。お子様連れで遊んだり、ランチを楽しみに来たり、またイベント会場として利用したり、交流の場として多くの方にますます慕われる場所となりそうです。

 

Info

FOREST DOORしぐら

https://forestdoor.co.jp/

兵庫県丹波市青垣町文室244(旧神楽小学校)

営業時間10:00~17:00

OPEN 月曜日~金曜日

土曜・日曜日各種イベント開催あり

カフェ営業日 毎週金曜日

 

株式会社木栄

http://www.mokuei.co.jp/

兵庫県丹波市青垣町桧倉323-3