たんばルシェ「スタンプ&クイズラリー」でもらえる、「丹波大納言小豆チップス」とは

丹波市の冬の味覚を見て、触れて、楽しむイベント・たんばルシェ冬。

こちらの一覧表でみていただきますとおり、多彩な出店者が並びます。

新鮮な美味しさや、

暖かくてほっこりした美味しさ。

たくさんの丹波市産の「美味」に出会って頂けるイベントなのですが、

他にもご参加いただいた方にうれしい企画をご用意しております!

たんばルシェ会場周遊!スタンプ&クイズラリー

たんばルシェ会場にはあちらもこちらも、美味しそうなものがいっぱい。

何を食べようかと迷ってめぐっているうちに、こんなポイントに出会うかもしれません。

(前回開催時のラリーポイント)

丹波市産品をかたどったスタンプと、シートをご用意しています。

たんばルシェのメイン会場に設置されたスタンプポイントは6か所。

探して、スタンプを集めてみてください。

また、今回はスタンプ&クイズラリー。

各ラリーポイントには、丹波の食にちょっとだけ詳しくなれるクイズ付き。

スタンプを集めてクイズに答えると、お買い物に便利なたんばルシェオリジナルトートバッグと、

新食感と新しい味に驚く「丹波大納言小豆チップス」をプレゼントいたします!

丹波大納言小豆チップスとは

今回スタンプ&クイズラリーの賞品となった丹波大納言小豆チップス。

聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

今回は丹波大納言小豆チップスの生産者さんに、どんな製品なのかをお伺いしてきました。

以前たんばルシェにもご出店いただきました宮東さん。

2017年に夫婦2人、子ども2人の4人で丹波市に移住し、ご主人の典正さんは農業の研修生をしています。

 

いずれ就農したら、自分の作物を加工して販売してみたいと考えていた典正さんが、

食品加工の展示会にてチップスを作る会社と出会い、

丹波市の名産品でもある「丹波大納言小豆」を使ったチップスを作れないかと発案。

丹波市内で丹波大納言小豆を栽培している農家さんから仕入れた小豆で

小豆チップスを作ることに成功しました。

この可愛らしい外箱は、奥様の佳子さんがデザイン。

普段は道の駅「丹波おばあちゃんの里」や、「JA丹波ひかみ とれたて野菜直売所」で販売され、

きれいな色使いが目を引きます。

(小豆を持つ小さな手は、宮東さんの娘さんです)

丹波大納言小豆チップスは、ノンフライでノンシュガーのヘルシーな仕上がり。

原材料は丹波大納言小豆と塩だけというシンプルな作りです。

さくっと軽い歯ざわりにしあがったチップス。

炒り豆のような香ばしさと小豆の香りが広がり、手が止まらなくなる味です。

試食販売の現場でも、「ハマる、いくらでも食べられる」と好評の品で、

丹波大納言小豆と塩だけのシンプルさは、体にも優しく、お子様にも嬉しいおやつです。

ひとくち食べたら、「初めて食べるのに、懐かしい味」と感じられる方が多いのではないでしょうか。

丹波大納言小豆は、大粒で口当たりが良く、風味豊かな小豆です。

小豆は抗酸化力のあるポリフェノールが豊富で、栄養価の面でも注目されています。

ぜんざいやおはぎも美味しいですが、新しいチップスという形で

手軽に丹波大納言小豆を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

 

この丹波大納言小豆チップスが、前述のように

スタンプ&クイズラリーの賞品となりますので、ぜひたんばルシェにお立ち寄りの際には

ラリーをお楽しみくださいませ。

 

通常販売先:道の駅丹波おばあちゃんの里、JA丹波ひかみ とれたて野菜直売所など

スタンプ&クイズラリーも楽しい「たんばルシェ」開催概要

 

開催日時:2020年1月12日(日) 

午前10時~午後3時

メイン会場:柏原八幡宮駐車場周辺

※スタンプ&クイズラリーの賞品引き換えは先着250名様となります。あらかじめご了承ください。