「ジン」蒸留・販売 西山酒造場 地元農産物を使用 県内では初

 西山酒造場(市島町中竹田、西山周三社長)が、丹波市産を中心とする食材を使った蒸留酒のジン「小鼓 モンテオエステ ジン」を22日から販売する。同社によると、ジンは海外産が主流で、県内で製造している企業はないという。
 ベースの米焼酎に、市産の黒豆茶やナタ豆茶を入れ、ブルーベリー、酒かすなどを漬け込み蒸留したもので、柔らかい甘さに仕上げている。ロックや、カクテルにするなどして楽しめる。
 焼酎やブランデーなどの蒸留技術を生かそうと、地場の農産物を取り入れた商品作りを検討する中で、国内で人気が高まりつつあるジンに着目。他社商品では辛口が多い中、甘味を特徴とする一品に仕上げた。
 同社は「冬には、ホットミルクにジンと砂糖を加えて楽しんで」と話している。720㍉㍑5000円(税別)。同社(0795・86・0331)。

 

 

(写真)西山酒造場が販売を始める「小鼓 モンテオエステ ジン」=市島町中竹田で

記事提供:丹波新聞