たんばルシェ冬 出店者を募集します

 丹波市産の農産物・加工食品・飲食メニューを販売するマルシェ「たんばルシェ」を

2020年1月12日(日)に丹波市柏原町の市街地にて開催します。

丹波市の農産物・畜産物の販売、丹波市産の食材を使った料理やスイーツ、加工食品の販売する食のマルシェです。

開催にあたり、丹波市産の食材を使った商品・メニューを提供し、

丹波市の食材の魅力・美味しさを伝えてくれる出店者および、丹波市産の農林畜産物を販売する出店者を募集します。

 

たんばルシェ冬はこんなイベント!

2019年の「たんばルシェ」は、秋と冬の2回行われます。

秋に開催した「たんばルシェ秋」では、約4,000人が来場し、大変賑わいました。

農産物の販売ブースでは、市内の農業者さんや農業グループが複数出店し、旬の丹波黒枝豆をはじめ、

丹波栗、秋野菜、こだわりの珍しい野菜も並びました。

 

美味しい野菜をそのまま素材の味を楽しむように提供したり、

お客さまとお野菜の食べ方などについてお話するのもマルシェならではの魅力です。

写真は、2019年1月に開催いたしました「たんばルシェ冬」の様子です。

旬の新鮮野菜は、たんばルシェでの定番商品。

たんばルシェは、生産者と消費者が直接つながって販売できる機会です。

また、6次産業化に取り組む農業者さんの中には、自分たちで育てた農産物を調理して料理として提供したり、

チーズ、漬物、野菜ジュース、黒豆コーヒーなどの加工食品にして販売している方もいます。

飲食ブースでは、丹波市産の食材を使った総菜やスイーツなどが販売されます。

過去の出店内容は、

丹波市産の野菜入りピザ、丹波栗おこわ、山の芋入りお好み焼、猟師さん提供の猪汁、

丹波栗を食べて育った豚肉「栗きん豚」の豚まん、丹波栗や丹波大納言小豆を使った和洋菓子など。

料理のジャンルも多様で、定番の味から創意工夫にあふれたメニューまで揃います。

 

冬の開催では、農業者さん(丹波市に限る)、飲食店さん、和菓子洋菓子などのスイーツ店さん、

食品加工事業者さんなど、丹波市産の食材を美味しく提供してくださる方を募集します。

丹波市産の食材がどこで購入できるか分からない場合は、事務局にて農業者さんとおつなぎしますので、ご相談ください。

 

 

たんばルシェ冬 出店者募集要項

開催日 :2020年1月12日(日)10:00~15:00

開催場所:丹波市柏原町の市街地(メイン会場は柏原八幡宮駐車場周辺)

出店料 :1ブース/3,000円 ※電気利用は別途使用料がかかります。

募集締切:2019年11月15日(金)

申込み :フォームから申込み

募集概要:たんばルシェ2019 出店者募集要項

主催  :丹(まごころ)の里・丹波市「味覚フェア」実行委員会 

       丹波市、JA丹波ひかみ、兵庫県丹波県民局、丹波市商工会、丹波市観光協会 

問合せ :たんばルシェ事務局 株式会社ご近所内

     TEL0795-78-9603 / tambarche@gokinjo.sc