2018ぜんざいフェア・おすすめお店レポートその3

2018年も、丹波市はぜんざいの町に!

懐かしいふるさとの、伝統の味。そして、古き良きぜんざいに現代の風を吹き込んだ新しい味。

2018年11月3日~2019年2月18日まで、

丹波市内の32のお店が丹念に工夫をこらしたぜんざいを、あなたにお届けします。

ぜひ多くのお店をめぐり、あなたの「善き哉」を見つけてください。

ぜんざいMAPダウンロードはこちらから!!

 

ぜんざい食べ巡りレポートその3

それぞれのお店の個性が光る、ぜんざい実食巡り。

各店の魅力がより伝わりますよう、まとめて上げていきます。

次のぜんざい実食のご参考になれば幸いです。

※タイトルの番号は、ぜんざいMAP記載の番号です。

 

創作ぜんざい【F】 大連飯店

柏原町の本格中国料理、大連飯店さん。

地元の方からのリピーター率が凄まじい人気店です。

光のよく入るテーブル席も素敵ですが、

しっとりゆったり楽しめる、雰囲気のいい個室もおすすめです。

こちらのおぜんざいは、まさに中華ぜんざい!!毎年美容にもいい素敵な創作ぜんざいを

考えていただけるのですが、今回はなんと…、

丹波市産黒ごまをふんだんに使った、中華スイーツぜんざいです!

このぜんざいには食べ方があり、まず、大納言小豆を食べて甘い美味しさを味わいます。

次に黒胡麻のスープのコクを楽しみ、最後に一緒に混ぜて食べると、絶妙な甘さと相性を楽しめます。

中国料理をしっかり食べたランチの後でも、あっさりしているので、ぺろりと食べられる嬉しさです。

もちもちのお団子と、こりこりの白きくらげなど、食感の違いが楽しめるのも魅力です!

ぜんざい名 丹波ぶらっくチャイナぜんざい
価格 842円
具材 黒胡麻、百合根、白きくらげ、クコの実、白玉団子
店舗の所在地 丹波市柏原町見長5
電話 0795-72-1306
営業時間 11:00~15:00(LO14:20)17:00~22:00(LO21:15)
定休日 火曜日

王道ぜんざい⑳ いちご畑

地元の方から愛され続ける憩いの場、JR黒井駅近くの「いちご畑」さん。

コーヒーにこだわりがあり、そちらもぜひ飲んでいただきたい逸品です!!

 

座って美味しいものをいただくと、つい話が弾んじゃう、カントリー調の落ち着く店内。

いちご畑さんは、ぜんざいフェアをきっかけに人気だったぜんざいのご提供を復活させました!

たっぷりのお茶や昆布もついた、オーソドックスなスタイルのぜんざい。陶器の器も珍しく素敵です。

丹波大納言小豆を甘さ控えめにすっきり炊いた、食べやすいぜんざいです。

何杯でも食べられそうな優しい味が印象的。小豆はかなり柔らかめであまり噛まなくても飲み込めるほどです。

お餅にはちょうどいいあんばいでほんのり焦げ目がつけられていて香ばしく、こだわりが伺えます。

ぜんざい名 ぜんざい
価格 700円
具材 ぜんざい(餅)、昆布、煎茶
店舗の所在地 兵庫県丹波市春日町黒井1573-1
電話 TEL0795-74-0887
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休

 

王道ぜんざい⑫丹波いっぷく茶屋

北近畿豊岡自動車道(下り)氷上IC近くのPA、丹波いっぷく茶屋さん。

おぜんざいはもちろん、鹿肉コロッケや親子丼など、丹波市の味覚をとことん楽しめるPAとして、

話題を集めています。

イートインできるスペースと、丹波市のこだわりのお土産が買えるコーナーがあります。

お土産物のセレクトもおしゃれなものが多く、女性からも支持を受けています。

こちらのぜんざいは、なんと黒豆大福入り。

 

 

澄んだお汁でありながら、甘みと豆の食感はほくほく、しっかり。

ふっくら大きく、粒を残してたかれた小豆と黒豆大福の組み合わせで、

豆自体を楽しめるぜんざいに仕上がっています。黒豆大福はぜんざいに浸すことでとろとろになり、

中には丹波大納言小豆のこしあんと黒豆が入っています。

また、プラス150円で栗入りの「プレミアムぜんざい」にすることができます。

ぜんざい名 丹波黒豆大福ぜんざい
価格 600円
具材 黒豆大福、丹波大納言小豆
店舗の所在地 丹波市氷上町本郷62-1 氷上PA内
電話 0795-82-9150
営業時間 8:00-19:00
定休日 なし

今後もおすすめぜんざいスポットレポートをどんどんお送りいたします!ぜひお楽しみくださいませ!