2018ぜんざいフェア・おすすめお店レポートその1

2018年も、丹波市はぜんざいの町に!

懐かしいふるさとの、伝統の味。そして、古き良きぜんざいに現代の風を吹き込んだ新しい味。

2018年11月3日~2019年2月18日まで、

丹波市内の32のお店が丹念に工夫をこらしたぜんざいを、あなたにお届けします。

ぜひ多くのお店をめぐり、あなたの「善き哉」を見つけてください。

 

ぜんざい食べ巡りレポートその1

農・森・人編集部では、ぜんざい提供店舗の食べ巡りも行っています!

各店の美味しいポイント、味わいレポートを順次まとめて上げていきます。

週末のお出かけ先のご参考になれば幸いです。

※タイトルの番号は、ぜんざいMAP記載の番号です。

 

王道ぜんざい㉑ CAFE HAKUHO

丹波市市島町にあるCAFE HAKUHOさん。

ライフピアいちじまや三ツ塚史跡公園の近くに位置しています。

ほっこり落ち着ける内装。カレーやオムライス、パスタなどのランチメニューも人気です。

CAFE HAKUHOさんのぜんざいはこちら!

甘さ控えめで食べやすく、ペロリと食べれました。

生クリームトッピングもお砂糖控えめで、ウインナー珈琲に付いてくる生クリームのような上品さがあり。

セットの緑茶も優しい味わいで、ぜんざいの味を邪魔しない、優し目の濃さでした。

和洋折衷のこのぜんざい、普段ぜんざいを食べない若い方にも人気がありそうです。

ぜんざい名丹波大納言小豆の白玉ぜんざい
価格700円
具材白玉 生クリーム (緑茶付き)
店舗の所在地丹波市市島町上垣36-4
電話0795-71-1434
営業時間10:00-17:00(Lo.16:30)
定休日火曜日

 

王道ぜんざい⑨JA丹波ひかみ とれたて野菜直売所

北近畿豊岡自動車道氷上IC降りてすぐのJA丹波ひかみとれたて野菜直売所。

その名の通り、採れたての丹波市産野菜や、加工品などが取り扱われる、地元内外の方からの人気スポットです。

写真向かって左に、コロッケなどの提供場所があり、こちらで期間中はぜんざいも提供されています。

こちらが、今回ぜんざいフェアで最もお手軽に食べられるぷちぜんざいです!

サラサラでごくごく飲める、甘さ控えめのお汁に、やわらかい小さなお餅が3つ入り。

このお値段にして、丹波大納言小豆がたっぷりはいった贅沢なぜんざいです。

後口もさっぱりで、気軽に食べられるサイズも良いですね!!

ぜんざい名ぷちぜんざい
価格300円
具材小もちが3つ
店舗の所在地丹波市氷上町市辺440
電話0795-82-5130
営業時間9:00~18:00(ぜんざいは15:00まで)
定休日なし

 

王道ぜんざい②孔雀のぱい

北近畿豊岡自動車道青垣インターから車で10分ほどの場所に位置する、孔雀のぱいさん。

個性的な具材の入ったぜんざいで、毎年話題になるお店です。

今回のぜんざいは、

「ゆべし」つきのはにかみぜんざいです。

生麩のぜんざいに、手づくりのゆべしが添えられています。

ゆべしは金沢産の生醤油を使用したくるみの餅菓子で、素朴なあまじょっぱい味が楽しめます。

小豆の炊き具合も抜群で汁を吸った小豆がはちきれんばかり。てんさい糖使用で甘さは控えめなのも嬉しいです。

生麩は、サフランと抹茶で色づけられ、カラフルな見た目や風味が楽しめます。

ぜんざい名はにかみぜんざい
価格800円
具材もち、生麩2種類、ゆべし
店舗の所在地丹波市青垣町桧倉299
電話0795-80-7717
営業時間10:00~18:00
定休日不定休

 

今後もおすすめぜんざいスポットレポートを続々お送りいたします!ぜひお楽しみくださいませ!