1/13(日)たんばルシェ冬 開催レポート

「丹(まごころ)フード」でつながる自然・生産者・消費者 をテーマに、

丹波市内外に丹波市の農林産物の魅力を発信するたんばルシェ。

先週末、1/13(日)は冬真っ盛りの開催でありながら…、

お天気にも恵まれ、市内外からたくさんのお客様で会場が賑わいました。

今が旬の丹波市産新鮮野菜もご好評いただきました。

猟師さんがつくるこれぞ丹波の味!のしし汁をはじめ、

冬の寒さを吹き飛ばしてくれるような山の芋入りのお好み焼き、

熱々の塩焼きが絶品のあまごなど、あったかいフードも盛りだくさん、

丹波市産の食材だからこそシンプルな味が生きる、おやつや

大人気の丹波栗のスイーツなど、

ゆったり、丹波の味覚を楽しんでいただけたかと思います。

今まで知っているようで知らなかった、丹波市の数々の「美味しいもの」まごころフードを、

 

再発見して頂ける機会になっていれば、うれしくおもいます。

また、今年度はマルシェ形式で開催したたんばルシェ。

丹波市の食を支える出店者さんと直接触れ合う機会も多くあり、

会話や人のつながりも感じていただける場所としても、お楽しみいただけたのではないでしょうか。

丹波市産の美味しいもの、農産物、それに携わる人と触れ合える場、たんばルシェ。

1月が今年度最後の開催となりました。

今後も、丹波市産の食の魅力、高品質な農作物に触れられる機会をもち

引き続き丹波市の「農・森・人」の魅力を伝えていきますので、

今後もぜひご注目くださいませ。

 

丹(まごころ)の里・丹波市「味覚フェア」実行委員会