第2回丹波農業グランプリ

これからの時代の農業モデルとして期待できる、丹波市内の農家や農業者団体の取り組みを表彰する「丹波農業グランプリ」を2012年より開催しています。 (主催:丹波農業グランプリ実行委員会)

第2回グランプリは鶏卵を生産する「カンナンファーム」で、創意工夫による安定した経営などが評価されました。

準グランプリは、丹波産の有機認証なた豆茶の製造販売を行う「こやま園」、搾乳牛の飼育と生乳の生産を農家7戸で行う「氷上パスミルク生産会」、土壌の分析や研究を重ね有機米やこだわりの農産物をつくる「宮垣農産」、園芸店やホームセンター向けの苗の生産を行う「三井フローラ」、希少な在来品種の茶を完全無農薬で栽培し製造販売する「徳寿園」の5団体が受賞しました。その他、夢の農業賞に「三心五観」、新人賞に「しのたろう農園」、パートナー賞に「氷上つたの会」が選ばれました。

丹波新聞 掲載記事(2013年3月3日)PDF第2回農業グランプリ