白いハンカチのよう ハンカチノキ見ごろ

 青垣町大名草の民家で、「ハンカチノキ」が見ごろを迎えている。名前の通り、花を包む、白いハンカチのような形をした「苞葉」が春風に揺れている。
 中国の四川省、雲南省付近が原産のミズキ科の落葉高木。木に引っ掛かったハンカチのように見える部分は花びらでなく、苞葉。球状をした多数のおしべと1つのめしべを、苞葉が包むように守っている。
 18年前、自然保護関係の仕事をしていたこの家に住む谷勉さん(77)が、知人から譲り受けた種を植えた。種は滋賀県朽木村で知人が採取したもの。10粒植え半分が発芽、残りは1㍍ほどの樹高に育った時に枯れ、唯一1本だけが残った。樹高が8㍍近くに達してからも咲かなかったが、3年前に初めて咲いた。
 「種から育て開花まで25年かかると言われたが、15年目から咲き始めた。独特の強い香りがするおもしろい木」と言い、「梅干し大で、クルミのように固い種。やすりで磨いて、種が割れやすくして植えた」と当時をなつかしがった。
 

(写真)苞葉が、引っ掛かったハンカチのように見えるハンカチノキ=青垣町大名草で

記事提供:丹波新聞