丹波で新品種開発へ 春日に共同研究農園 わかさ生活 ロカッセ 風土に合わせ改良へ ブルーベリー

丹波市の気候や土壌にあったブルーベリーの新品種を開発しようと、サプリメントなどを製造販売する「わかさ生活」(角谷建耀知社長=丹波市春日町出身)と、同町柚津地区で地域おこしの場作りに取り組む合同会社「丹波地域活性協議会」(LOCASSE TAMBA、清水浩美代表)が、共同で同地区に試験研究農園を設置した。丹波ブルーベリー研究会などの指導を受けながら10年がかりで品種改良を進め、粒が大きくて甘味が強く、目に良いとされる「アントシアニン」を多く含んだブルーベリーの開発を思い描いている。

 ロカッセが地域住民から借りたほ場1000平方㍍を農園化。ゆくゆくは1700平方㍍まで拡大する計画で、既存の10品種150本を地植えとポットで栽培し、品種改良を進める。農園の一部は地域に開放し、収穫期には摘み取りが楽しめるようにする。
 わかさ生活の社員が定期的に来園して管理するが、希望する地域住民が栽培に参加できる仕組みを整え、賃金を支払うという。
 わかさ生活によると、同社は生の果実のブルーベリーを商品としては扱っておらず、農園を設置したのも初めて。以前から、角谷社長は自身が育った故郷への恩返しをと、丹波に農園を設置してブルーベリーの新品種の開発を夢見ていたという。
 一昨年に設立したロカッセは、同地区の空き家を活用し、飲食をメーンに据えた事業を準備中。今春、敷地内で同社直営のフード店に加え、パン店やピザ・バーベキュー料理店などの開店を計画している。
 清水代表は、以前からブルーベリーの栽培に興味を抱いており、今回、わかさ生活との思惑が一致。ともに開発に乗り出すことにした。
 6日には、農林水産省地域おこし技術アドバイザーで、日本特産農産物協会・地域特産物マイスター(ブルーベリー)の鈴木太美雄さんを招き、指導を受けながら4品種30本ほどを植えた。わかさ生活社員で、新品種開発プロジェクトチーム代表の鍬田茉南未さんは、「丹波の風土に合ったブルーベリーを作り、地域の人に味わってもらうことで豊かな心と健康を提供できれば」と意気込む。ロカッセの清水代表(神戸市)は、「飲食などを通じて人を呼び込み、ブルーベリーも食べてもらいたい。柚津地区に来たら楽しいと思える空間にできたら」と話している。

記事提供:丹波新聞

 

(写真)新品種開発をめざし、ブルーベリーを植える関係者=春日町柚津で