「別株の枝から栄養」 市島・大杉ダム 根なしフジの謎解明? 人博の研究員 自然発生的に「接ぎ木」か

大杉ダム(市島町徳尾)のふもと「ダム下公園」内で幹が途中で切断され、根がないフジが、今年も満開を迎えている。地元住民は、不思議な現象に首をかしげながらも親しみを込めて「奇跡のフジ」と呼んでいるが、同じフジ棚の別のフジの枝と、根がないフジが結合していると見られる部分があることが分かった。専門家は、「根を張っているフジから栄養分をもらっているのではないか」と「根なしフジ」の謎を解く。

 フジは、縦横の幅3×6㍍、高さ3㍍ほどのフジ棚に沿って生育している。対角線上に計2株のフジが植わっており、1つが「根なしフジ」。もう1つは、樹勢も良好な「根ありフジ」。
 過去、同公園の清掃管理を行っていた高齢者グループ「徳尾和光会」の元会長・余田完さん(82)=同町徳尾=によると、数年前、水道配管の取り換え工事の際、フジの幹と根が工事に干渉したため、1本をやむなく伐採した。それでも翌年以降も咲き続けている。
 「根ありフジ」の枝をたどると、少なくとも1本の枝が、「根なしフジ」の残った幹に結合しているように見える個所がある。
 県立人と自然の博物館(三田市)の自然環境再生研究部主任研究員・藤井俊夫さんによると、自然に発生した「接ぎ木」のような現象と見られるという。「断面を確認しないと実際に結合しているかは判断できない」としながら、「根がなくても花を咲かせることを考えると、結合部分で栄養の受け渡しを行っていると予測できる」と話す。
 同公園にはグラウンドゴルフのコースがあり、地元住民を中心に憩いの場になっている。余田さんは「不思議なことなので、地元では、このフジを拝んだり、なでたりするとグラウンドゴルフが上手になったり、ホールインワンが達成できるようになると言っている」と笑顔。「生きる力のすごさを感じる。大事に守っていきたい」と話している。

(写真)伐採され、幹の下部と根がないフジ=市島町徳尾で

(写真)根がないにもかかわらず、今年も花をつけたフジ

記事提供:丹波新聞